<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

早子先生、結婚するって本当ですか? 第5話

 第5話



 早子(松下奈緒)の実家・立木豆富店に、以前、店先に
赤い傘を忘れていった男・三田凪太郎(吉岡秀隆)が現れる。
しかし、何故か傘は見つからず、応対した尚子(松坂慶子)は、
名刺に携帯電話の番号を書いてもらい、見つけ次第、連絡すると
凪太郎に約束した。同じころ、平和町小学校では1年生の児童
・菊名大介(木村皐誠)が病気になったウサギを持って登校し、
騒動になっていた。本郷(山内圭哉)らは、事情を聞いても
何も答えない大介にお手上げ状態だ。早子は、スマホで見つけた
最寄りの動物病院まで一緒に行こうと声をかける。すると大介は、
ウサギが入ったカゴを持って逃げ出してしまう。
 一方、腐れ縁だった木の下(とにかく明るい安村)と別れた梅子
(佐藤仁美)は、占い師に勧められて、すぐに結婚相手が見つかる
というブレスレットを購入していた。ミカ(貫地谷しほり)は、
そんな梅子に千駄木(八嶋智人)がふたりだけで話がしたいと
言っていたと伝える。
 大介は、早子が見つけた動物病院は嫌だと言ってきかなかった。
困った早子は、以前学校で世話になったことがある動物病院の
電話番号を調べてもらうために尚子に連絡すると、その病院は
すでに廃業しているが、別に心当たりがあるという。尚子からの
紹介で、早子と大介が待つ教室に現れたのは、凪太郎で…。







今度こそ運命の相手?とか予告でみたような気がするけど
早子にはぴったりの相手にみえました、が、今は東京に
いないのか。あの「さようなら」はこのままずっとさようなら
ということなのか、それとも再び豆腐屋をたずねて再会が
あるのかどうか。
あと5分会話してたら恋がはじまってたというくらい
今までになくピンときた相手なのに。(というか今まで
いまいちな人が多すぎた。)
結婚はご縁(と勢い)なので、縁があったら
また戻ってくるのでしょうが、もう5話なのに
そろそろ恋くらいしないと・・・。





2016.05.20 Friday 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< くまみこ 第7話「キカセ」 | main | 私 結婚できないんじゃなくて、しないんです 第6話  >>