<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ラヴソング 第7話

第7話



 神代広平(福山雅治)が佐野さくら(藤原さくら)に作った曲。
それは、宍戸夏希(水野美紀)の亡き姉に、かつて神代が
用意した曲をアレンジしたものだった。それに気づいた夏希に
わだかまりが生まれる。
 さくらのレコーディングは順調に進み、ライブハウス『S』で
新曲のお披露目会が開かれた。弦巻竜介(大谷亮平)は
20年近く音楽から離れていたのに良い曲が作れたと、
神代は天才だとたたえる。さくらも同意するのだが、
夏希は複雑な心境。すると、弦巻は自社のトップアーティストが
神代の曲に興味を持っていると伝えた。
 傍らで、天野空一(菅田将暉)は笹裕司(宇崎竜童)に
ギターを教えて欲しいとねだる。快く承知する笹は、
さくらのデビューに一役買った褒美と、空一にウイスキーの
ボトルを店のキープ用に1本プレゼントした。
 さくらは、中村真美(夏帆)と話していた。真美の婚約者、
野村健太(駿河太郎)は仕事の都合で現れていない。
すると、真美の携帯に野村から電話着信が。真美が
野村ともめ始めたので、トイレに向かったさくらは
増村泰造(田中哲司)とすれ違う。その時、増村はさくらに
声の不調を尋ねる。うなずくさくらに、耳鼻咽喉科医の増村は
病院へ診察に来るよう促した。
 アパートに帰ると、真美はさくらの詞は神代への気持ちを
つづったものだろうと話す。否定はしないさくらだが、
神代に思いは伝わっていないと答え・・・。





 お姉ちゃんのために作った曲でそれが許せないという
だけじゃなくて、自分の公平への思いがあるから
さくらにわざわざ告げたようにみえて、あんまり
いいかんじがしませんでした。
ずっと立ち止ったままの公平も公平だけど
夏希もいい大人なのにめんどくさい。
公平にだけぶつければいいのに
あえてさくらを傷つけることはないと思うけど・・。

公平はさくらといっしょに音楽をやっていきたいと
思っていると答えて、そこに恋愛感情はないけど
いなくなった人のかわりってわけでもないのでは。
今のままじゃつらいなら告白してふられておくのは
いいかもしれませんが。

でもそれより予告!!
声を失うってどういうこと?
声帯とるような病気なの?
ただのポリープじゃだめなの?
すでに吃音というハンデがあって
そこから必死で頑張ってきてたのに
なんでそういう試練がまだ必要なんだか。






福山雅治  藤原さくら  菅田将暉  夏帆  山口紗弥加 
木下ほうか  渋川清彦  駿河太郎   田中哲司  由紀さおり  
宇崎竜童  水野美紀 阪本奨悟





2016.05.24 Tuesday 08:40 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 少女ファイト 13巻 | main | 虹色デイズ  第19話 >>









ラヴソング 第7話
神代(福山雅治)がさくら(藤原さくら)に作った曲は、かつて神代が夏希(水野美紀)の亡き姉・春乃(新山詩織)に用意した曲をアレンジしたものでした。 それに気付いた夏希に、わだかまりが生まれます。 さくらのレコーディングは順調に進み、笹(宇崎竜童)
| ぷち丸くんの日常日記 | 2016/05/24 9:45 AM |
ラヴソング〜第7話★視聴率ワーストタイ6.8%
ラヴソング〜第7話 第7話も、前回とちょうど同じ視聴率6.8%で、月9史上ワーストタイ記録。 第1話 10.6%→第2話 9.1%→第3話 9.4%→第4話 8.5%→第5話 8.4%→第6話 6.8% 全話平均で月9史上最低視聴率に終わった『いつかこの恋を思い出してきっと泣い
| 世事熟視〜コソダチP | 2016/05/24 11:48 AM |
ラヴソング #07
『溢れ出す想い…涙の告白』
| ぐ〜たらにっき | 2016/05/24 12:27 PM |
ラヴソング「溢れ出す想い…涙の告白」
せっかく、素敵なお伽話なのに… 佐野さくら(藤原さくら)の新曲も聴けたし、不器用ながら、神代広平(福山雅治)もデートもあって、さくらがガールになったり(!)、おんぶシーンもある一方、 宍戸夏希(水野美紀)が、亡き姉の為の曲だった、とさくらに話し、彼
| のほほん便り | 2016/05/24 1:23 PM |