<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ゆとりですがなにか 第7話

第7話



正和(岡田将生)の会社の得意先で食中毒が発生。
早川(手塚とおる)と会社を救おうと奔走する。
山路(松坂桃李)はクラスの児童・大悟の学習障害を
理解しない父親が、授業参観に来ると聞き意気込むが…。
まりぶ(柳楽優弥)は、ゆとり(島崎遥香)と別れると
約束したが別れられず…。
そんな中、茜(安藤サクラ)の父が上京。
別れたと親に言えない正和と茜だが、
重蔵が結納を交わそうと坂間家に乗り込み…。




 茜〜〜、そこでいっちゃうのか!!
 事情を知らないお父さんが正和の家にのりこんできて
 まさに「なんの時間?」になってましたが
 結局、復縁もならず・・。
 茜、結婚したいってこんな場所で言わずに
 ちゃんと正和ときちんと話し合えばいいのに。
 関係ない山路の前ではなんでも話せるのになあ。

 山路にぐいぐいくる生徒の母は前にも担任の先生と
 深い仲に。授業参観の最中に、人の話もろくにきかずに
 自分の意見を押し通そうとするあんな父親もいやだけど
 先生を食う気満々のあのお母さんもいやだ〜〜。
 子ども気の毒。
 教育実習生もおしかじけてきてモテ期っていってもねえ。

 まりぶは何を思ったかいきなり堅気になろうとしてる?
 おっぱいの勧誘とかガールズバー店長とかのほうが
 むいてると思うけど。
 しかもちょっと冷静(?)になったゆとりにが
 女子大生と浪人生って言ってたしこのままだと
 兄が願わずともゆとりのほうから別れそう。

 山岸はもっとはやくにお店にぶちこんで
 鍛えるべきだった。
 でもあんなつかえないとお店でも迷惑。
 







岡田将生 松坂桃李 柳楽優弥 安藤サクラ 太賀
島崎遥香(AKB48) 高橋洋 吉岡里帆 小松和重
少路勇介 矢本悠馬 加藤諒 原扶貴子 菊池美里
手塚とおる 青木さやか 中田喜子 吉田鋼太郎(他)




2016.05.30 Monday 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ26号感想 | main | ラヴソング 第8話 >>