<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ゆとりですがなにか 第10話(最終話)

第10話(最終話)



茜(安藤サクラ)は結婚式を前に正和(岡田将生)に
不安を口にする。不審に思った正和は早川(手塚とおる)との
関係を尋ねると、茜は一夜を共にしたと告白。
激しく動揺する正和。
山路(松坂桃李)は性教育の授業を間近に控え悩んでいた。
気付くと奈々江(石橋けい)とラブホテルに。
まりぶ(柳楽優弥)は再び植木職人として働き、
妻子が戻るのを待っている。
結婚式当日、神社へ向かう途中で突然正和が逃げ出し…





 今まで ドラマや映画で結婚式のシーンはたくさんみたけど
 こんな斬新なのは初めて。
 新郎・正和がここまで逃げ出し、おいてきぼりになった
 花嫁がひとりぼっちで、でも逃げ出さず、
 花嫁だけの三三九度
 (別の場所で正和も同時にやってたけど)
 披露宴の席にも花嫁ひとりというキツい展開。
 
 でも茜ちゃん、それだけのことしたんだもんね。
 一時別れてた間のこととはいえ、それを知って
 寛大な心で許せるほど正和も大人じゃなかった。
 
 それでも二人がお互いを好き同士なのは本当で
 ドラマなら充分過ぎるくらいにあったことだし
 無事結婚して、この先も波乱もあるかもだけど
 今後の人生をいっしょに歩んでいけそう。

 まりぶは嫁もみつかって、自分にみあった大学にも
 合格してようやく受験生卒業。
 長い自分への挑戦期間だったなあ。
 あのしっかりした嫁がいたらまりぶも大丈夫でしょ。

 さんざん悩んだ山路の性教育はよかった。
 からだは大人になっても心は一生思春期。
 大人になっても迷うし間違うし。
 完璧な大人なんていない。
 だから他人の失敗を許せる人間になってください。

 山路が先生の子どもたちは幸せです。
 で、結局そことくっついちゃうの?

 自分たちのせいじゃないのに
 世間からゆとりゆとりとバカにされ
 もがきながらも一生懸命人生やってる人たちが
 愛おしく感じられるドラマでした。
 
 山路が言ってたように、ゆとり世代じゃなくても
 やってることはかわらない。

 
 

岡田将生 松坂桃李 柳楽優弥 安藤サクラ 太賀
島崎遥香(AKB48) 高橋洋 吉岡里帆 小松和重
少路勇介 矢本悠馬 加藤諒 原扶貴子 菊池美里
手塚とおる 青木さやか 中田喜子 吉田鋼太郎(他)





2016.06.20 Monday 14:58 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ジャンプ29号感想 | main | 虹色デイズ  第23話 >>









ゆとりですがなにか #10 最終回
『思春期の新郎新婦…俺に一発殴らせろ!』
| ぐ〜たらにっき | 2016/06/20 10:27 PM |