<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

チア男子!!第3話「七人目のリスジロー」

第3話「七人目のリスジロー」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



「俺たちは本気だ。
その証拠を一週間後の体育の時間に見せよう!」
ハル、カズ、溝口、トン、イチロー、弦の6人になった男子チア部。
7人目として注目したのは、バク転もロンダートも
思いのままにこなす青年、徳川翔だった。
たまたま男子チア部のデモンストレーションを見ていた翔は、
素人の集まりであるハルたちに辛辣な言葉を放つ。
ハルたちは翔に“本気”を見せるため猛練習を積むが……。




 みんなで練習後の銭湯とかご飯とか
 SNSのグループトークとか楽しそう〜。

 メンバーは6人ということで7人目として
 目をつけたのは徳川翔。
 運動神経抜群でTシャツはリスジロー。

 さっそく男子チア部に勧誘すると
 即、断られてしまいました。
 この間のチア部のデモンストレーションをみて
 素人の集まりでチアリーディングなんか無理だとばっさり。
 甘い考えと言われると、溝口が俺たちの本気をみせると
 言いきりましたが具体的な考えはなし・・・。

 カズは本気をみせるため
 ロンダートとバク転を連続でできるようにして
 一週間後に翔にみせると提案し
 さっそく練習開始。

 イチローとゲンは問題なし。
 溝口とトンとハルは特訓の必要あり。

 リスジロー可愛い。
 リスジローはリス四兄弟の二番目で
 リスタロウ、リスサブロウ、リスシロウがいるそう。
 
 僕もリスみたいに身軽だったらよかったのにという 
 トンに、共感する溝口。
 でもくじけてる場合じゃない。
 みんながんばってるのがグループトークでわかり

 「俺はリスになる!

  リスの王に俺はなる!」

 っておかしいでしょww

 倒立はできるようになったけど
 あと3日でバク転。
 でもハルが心強い言葉をくれました。

 丁寧なアドバイスをもらってハルはクリア。
 今までなんでできなかったのかわからないと
 軽くいってくれるイチロー。
 イチローはなんでもすぐにできるやつだから
 人の悔しいという気持ちがわからない、でも
 悪気はないというゲン。
 ハルは柔道での挫折経験がうかびますが
 それをきいて悔しくないといったらうそになるけど
 純粋にすごいと思うという本当にいいやつ・・。

 夕方になっても練習を続けるトンと溝口。
 通りかかった翔に、明日の体育のときに
 翔に本気をみせるから、といって
 暗くなるまでずっと練習を続け
 ついにバク転ができた溝口。

 ずっとひとりで走ってきた溝口が
 今は孤独じゃない。
 ベートーベンの言葉がしみる。
 トンもまたやる気を出してついに成功すると
 溝口が声をあげて泣き出した・・・。

 でも体育の時間。翔は欠席。
 翔にみせるためバク転をずっとやってるやつらがいると
 友人に言われ体育館をのぞくと
 チア部のみんなが本当に続けていて
 翔も観念した様子。

 リスジローのフィギュアにときめきすぎww
 リスジローも翔もかわいすぎだ。
 
 でも、チームに入る条件として
 スタンツには参加できないという翔。
 

 努力と根性、もちろん才能もあるけど
 一生懸命を地でいくチア部男子たち。
 リア充。
 本当に楽しそうです。
 
 



坂東晴希:米内佑希 橋本一馬:岡本信彦 
徳川翔:小野友樹 溝口渉:杉田智和 
遠野浩司:林勇 鈴木総一郎:桑野晃輔 
長谷川弦:小西克幸 森尚史:畠中祐 
佐久間龍造:村瀬歩 安藤タケル:沢城千春 
金田保:勝杏里 染谷夏生:木村隼人 
乗田大地: 広瀬裕也 鍋島卓哉:木島隆一 
鍋島卓巳:弓原健史 陳子軒: 文曄星 
堂本仁:安元洋貴 花咲薫:山谷祥生
高城さつき:甲斐田裕子 坂東晴子:藤村歩 
酒井千裕:宇山玲加 






2016.07.20 Wednesday 10:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子 第2話 | main | 家売るオンナ 第2話 >>