<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Chef〜三ツ星の給食〜 第2話

第2話




三つ葉小学校の給食事務エリアで「調理前ミーティング」が
行われていた。荒木(遠藤憲一)から献立について聞かされた
光子(天海祐希)は、全然、ワクワクしない、と不満を口にした。
荒木は、ワクワクで胸を膨らませることよりも、腹を膨らませることを
考えろと一喝する。そこから「食材の検品」「洗浄」「切裁」と
下準備が始まった。徹底された衛生管理の下、厳格なルールに従い
行われていくことに光子はとまどうが、荒木や調理師補助の
小松(荒川良々)らは黙々とこなしていく。いざ「調理」となった時、
肉が少ないと思った光子が肉を追加しようとするが、荒木に
肉はもう無いと言われる。一食640キロカロリーという規定があり、
それを超えてはいけないため、使う量きっちりしか発注していない
のだ。光子は野菜の組み合わせを減らしたり、塩を加えようとするが、
ことごとく制止されてしまう。そんな光子を、早紀(友近)は
面白がるように見つめていた。
一方「ラ・キュイジーヌ・ドゥ・ラ・レーヌ」の厨房では、奥寺(豊原功補)
が中心となって動いていた。そこへ来た篠田(小泉孝太郎)は、
席数を増やそうと思っていると満足気に話した。昼時となり、
できあがった給食を光子らが食べていた。ルール通りだが
おいしいとは言えない給食に、光子はため息をつく。
そこへ、新しい調理補助として晴子(川口春奈)が入ってくる。
光子は晴子を一瞥(いちべつ)するも、まるで興味を示さず…。



つっこみどころ満載の設定だけど
 きりがないからそこらへんはおいておくとして・・。

 手間暇かけた下ごしらえで二話目にして早くも
 子どもたちに「おいしい!」と言わせた実力はさすが。
 フレンチレストランのシェフへの引き抜き話もきて
 順調すぎるくらい順調・・なのに、ただの「おいしい」じゃなく
 「最高においしい」の最高がないから、給食調理を
 まだ続けるとか、どこまでぶっとんでるの。

 早紀はわざわざ篠田に引き抜き話を教えるのは
 もっと光子にここで働いて高視聴率をあげてほしいから?
 篠田はなんで光子をあそこまで毛嫌いしてるの?
 ただ自分勝手なシェフだったからというには
 やりすぎな気がするけど。
 
 やりたきゃひとりでやりなといっていた給食調理員たちも
 自分が作る給食以外の料理では手間暇かけなきゃ
 おいしくならないってわかってる。
 (でも朝5時とか6時開始になるといったい誰が
  そのぶんの給料をはらってくれるのか
  光子の修行時代とはくらべるのがおかしい。)

 いずれは給食にも「最高においしい」がくるんでしょうけど。

 それにしても給食があんなにも細かく厳しいルールで
 安全を保っているとは。感心しました。
 日本の給食、素晴らしい。
 




2016.10.21 Friday 08:36 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第3話 | main | 砂の塔〜知りすぎた隣人 第2話 >>









Chef〜三ツ星の給食〜 #02
『天才シェフvs給食のルール』
| ぐ〜たらにっき | 2016/10/21 12:38 PM |