<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

カインとアベル 第4話

第4話



高田優(山田涼介)は、兄・隆一(桐谷健太)が出社していないことを
プロジェクトルームで団衛(木下ほうか)から知らされる。隆一の
携帯にすぐ電話をかける優だが、留守電に。優が矢作梓(倉科カナ)に
昨夜の様子を聞いた。すると梓は、隆一は戻ってこないかもと言う。
梓によると、隆一はかなり酒を飲んで部屋に来たのだが、何も話さずに
帰ってしまったのだそう。様子のおかしい隆一には、優も心当たりが
あった。隆一は幼い頃に父の貴行(高嶋政伸)からもらった大事な
万年筆を優に譲っていたのだ。 その頃、社長室では貴行が
隆一の行方が知れぬことを隠して役員会を乗り切っていた。
役員会が終わると、会長の宗一郎(寺尾聰)が来た。隆一の欠席を
心配する宗一郎だが、貴行は問題ないと答える。だが、宗一郎は
隆一のように完璧に見える人間の方が脆いのではないかと
貴行に問う。それでも、貴行は隆一を信頼しきった様子だった。
家に帰った優は、隆一の部屋で行方の手がかりを探すのだが、
何も見つからず。しかし、隆一から譲られた万年筆を見つめていた
優は、あることに思い当たる。 翌日、優は梓に隆一の居所に
心当たりがあることを伝えた。すると、梓は一緒に連れて行ってほしい
と言う。2人はその夜、高田家の別荘へ。
一方、高田家では桃子(南果歩)がフィアンセに会ってほしいと
貴行に頼んでいた。桃子の結婚に反対する貴行はかたくなに
断るが…。





兄、失踪してそのまま当分でてこないのかと思ったら
問題解決したらすぐさま戻ってきて(よくわからない相手から
100億円も出資してもらって)無断欠勤も何もなかったかの
ようにそのまま副社長業続行。
高田の上に立つ人間はなんでもひとりで決めなきゃ
いけないっていっても、100億もの大金が絡む問題、
社長はそれでいいのか。
しかも自分が持ってる人間だと勘違いしてたけど
実は弟の力と知って憎さ倍増。

弟は別に兄を出し抜いてやろうとかそういうこと
考えての行動じゃないけど、あの婚約者、
本当に信用できるの?みるからにあやしいし
あのお姉さんの婚約者という時点でまったく
信用できないんだけど。
優はほんとにもってる人間らしいから大丈夫なのか。

とりあえず兄と梓の仲はぎくしゃくしそうだし
100億の出資があやしくなかったとしても
波乱の予感・・・。


2016.11.08 Tuesday 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 刀剣乱舞-花丸- 第6話「『皐月』この本丸は、めでたいね」 | main | 逃げるは恥だが役に立つ 第5話 >>