<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Chef〜三ツ星の給食〜 第5話

第5話



 光子(天海祐希)は、屋台の看板メニューにしたい鴨を、
篠田(小泉孝太郎)に買い占められてしまった。同じころ、
荒木(遠藤憲一)は、環境の変化や天候不順による魚と
野菜の高騰に頭を悩ませていた。食材の値段が上がると
給食の予算にはまらなくなってしまうからだ。小松(荒川良々)らは、
授業の影響の少ない日に給食を休んではどうかと提案するが、
荒木は300人の客がいるのに店を閉めるわけにはいかないと
一蹴する。 荒木のあきらめない姿勢に触発された光子は、
再び市場を訪れ鴨を売ってくれと卸売業者に声をかけるが、
相手にされない。業者たちの強固な態度に光子が帰ろうとした時、
ひとりの業者がある精肉店の名前を口にした。一方の荒木も、
市場で予算の範囲で買える魚を探していた。給食のルールでは
一定の量の魚を献立に組み入れなければならないのだった。
本来はサワラが欲しいのだが、現状の予算で買えたのは、
味にクセのあるサメだった。
 晴子(川口春奈)らを前にした荒木は、小松の活躍で通常よりも
安く仕入れた野菜とサメで、子供たちが食べられる代案レシピを
考えると言った。日高(池田成志)、馬場(市川しんぺー)、敏子
(伊藤修子)らも意見を出す。早紀(友近)は、篠田からレストランに
関する計画を聞かされる。やがて、荒木が考えた代案レシピが
完成し、光子も興味を示す。ところが試食をした光子は「マズい」
と言い放つ。






星野光子が一流のシェフだというのはよ〜くわかりました。
2流の食材をつかっても最高においしい料理をつくりあげる。
それは屋台でも給食でも同じ。
荒木にもとっくに認められているし
ここまで毎回テレビ放映されてるなら視聴者にも
しっかりそれは伝わってるだろうから
世間の評価もいいはずだし、篠田がどれだけ
邪魔をしてきても光子にはかなわないのでは。
だいたい本人みずから、星野光子の屋台にヒントを得た
お手軽ビストロとか言ってて堂々と真似してるし。

光子はやっと娘の存在に気づいたみたいですが
いったい何歳で捨てたのかわからないけど
自分の娘って成長しても少しは似たところとか
見覚えあったりしないものなの・・?




2016.11.11 Friday 08:32 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ナンバカ #06「THE・テコ入れ」 | main | Betsucomi(ベツコミ) 2016年 12 月号 感想 >>









Chef〜三ツ星の給食〜 #05
『給食中止!?サメが救世主!』
| ぐ〜たらにっき | 2016/11/11 12:42 PM |