<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ナンバカ #09「おまえはからっぽ!!」

#09「おまえはからっぽ!!」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



新年大会で大惨事を起こし、それぞれ
地下牢獄に収監されたジューゴとムサシ。
二人の異変の謎を探る為、犬士郎は
ハジメに掛け合いジューゴとムサシに話をさせることに。
投獄され、自由に動けなくなったムサシは、
『首に傷のある男』の情報を、ジューゴに託す。
そんなジューゴだが、ムサシとのやり取りを
聞いているハジメに「お前には中身がない」と
言い放たれ戸惑ってしまう。





首に傷のある男をみつけて
その枷をはずさせるというジューゴ。
ムサシはその男をみつけて殺すのが目的。

ジューゴは枷のせいで化物のようになるけど
ムサシは生まれつきの能力。
それを治してやるといって近づいてきた男の
目的はその力のデータを利用するためで
生まれつきの能力からさらなる化物に
されてしまったムサシ。

火を操るムサシの出す火を斬った男。
男もジューゴと同じ枷を持っていて
その力を手に入れて男を殺す気。

だけどここの医者と科学者のせいで
今は発火出来ないようになったようで
ジューゴを倒すこともできない。
その話をきいてジューゴがどうするかと思い
その話をしたらしい。

それをきいても、バカじゃねえのとしか
言わないジューゴに
お前は中身のないやつだというハジメ。

ジューゴの脱獄を裏もなかったとあきれるハジメ。
ジューゴに足りないものは欲。
だからムサシの話の真意も読み取れない。
首のない男にこだわって脱獄を繰り返すのも
目的をみつけたと思う自己満足の行為。

物ごころついたころから何かを欲したこともなく
あの枷をつけられたとき、ほんの少しだけど
自分の意思で何かなしとげようと思った。
でもあの3人と出会った時、いきがいをしっかり
持っている3人が羨ましくてでも楽しくて
自分の生活が色鮮やかに輝いてみえて
楽しかった。でもそうなればそうなるほど
あの化物の姿を思い出す。
その姿をみられたら、ムサシのように
傷つけてしまうかもしれない。
はやく外さないと・・でも大会で
とりかえしのつかないことをしてしまったから
もう何もしない。
自分のことしか考えてなかった自分の罰・・。

そういうムサシに甘えてんじゃねえと怒り
何のためにここにきたのかと問うハジメ。

ジューゴがここにきたのは
あの男を探すため。
どうしたらいいか自分で考えろといいながら
新年大会の賞品でなんでも好きなものを
もらえるというハジメ。
欲しいものがでてこないのが無欲ということ。
あと5分で思いつかないとその権利もなくなる。

仲間のことを思い出し
俺にチャンスをくれと叫ぶジューゴに
ハジメの舎房に戻るチャンスをくれるハジメ。

逃げても何もかわらない。
もう逃げ場なんて必要ない。
傷の男も枷もちゃんとむきあって見つけ出す。

ジューゴの表情が戻った。



その傷の男について看守たちは
何か知ってるんでしょうかね。
あの看守長や愉快な看守たちみてたら
難攻不落といえどなんか楽しそうな
監獄にしかみえないしあんまりシリアスな
かんじもしない。
そもそもギャグアニメだし。





ジューゴ:上村祐翔
ウノ:柿原徹也
ロック:汐崎アイル
ニコ:小林大紀
双六一:関智一
百式百子:明坂聡美
一声三鶴:津田健次郎
三葉キジ:Kimeru
四桜犬士郎:山本匠馬
悟空猿門:保志総一朗
五代大和:武内駿輔
七夕星太郎:奥山敬人
九十九:豊永利行
ムサシ:細谷佳正
リャン:藤原祐規
ウパ:小林ゆう
チィー:大河元気
トロワ:安達勇人
ハニー:光富崇雄
双六仁志:筆村栄心 (他)







2016.11.30 Wednesday 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 逃げるは恥だが役に立つ 第8話 | main | 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子 第9話 >>