<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2017年 01 月号  新テニスの王子様の感想

ジャンプSQ.(ジャンプスクエア) 2017年 01 月号
新テニスの王子様の感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



Golden age 201 ゲンイチローくん

 幸村精市 4歳。
 通っていたテニススクールは
 上級生のエリート達ばかりで
 誰もダブルスを組んでくれるものがいない中
 同じ境遇の子がもうひとり。
 その名もゲンイチローくん。

 二人で練習をかさねる日々。
 幼いころのゲンイチローくんはけっこう弱気。

 試合当日、上級生ペアに攻撃が一切通じず
 1−5でマッチポイント。
 「やっぱり・・ダメだったね」という精市くんに
 涙をボロボロ流しながら

 「最後まで諦めるなよぉぉぉ!!」

 と訴えるゲンイチローくん。

 現在、オーストラリアチームを相手に
 ゲームカウント1−5 0−40でマッチポイントで
 戦術をたてるノアは「チェックメイト」のひとこと。

 ドルギアスのプレーとノアの戦術なしでは
 オーストラリアはここまで勝ち進むことが
 できなかったと、傍若無人なドルギアスに
 従うしかないキャプテン以下選手たち。

 「あと1球」コールの中、風林火山の林を出す真田。

 攻めるのをやめ、最強のディフェンスに対し
 最強のディフェンスで挑むつもり。
 
 鉄壁の守備のスキを突く目的なのを知って
 そのままロブ合戦を続ける試合。
 最強の盾VS最強の盾。

 30分にさしかかったといに跡部様の声が。

 「ハァーッハッハッ

  何だこの試合は!?

  国を背負った試合だと!?
 
  ・・・笑わせるぜ」

 

Golden age 202 『挑戦状』

 その高笑いに、「キャプテンのテニスを愚弄する事は・・
 
 俺が・・」「許さ・・・・ない・・・」

 と反撃に出たクリス。
 鉄壁の守備を構築できると誘われたのに
 我慢しきれませんでした。

 触角を奪われ手の感触がなくなったクリス。
 そこへ真田の「黒龍二重の斬」。
 これは一人では返せない。

 幼い頃の約束。

 「どこまでもボク達・・テニスを諦めない

  これからもずっと―」

 日本が7−5で勝利し
 真田と幸村がグーでタッチ。

 アレがテニス初勝利だったらしい。

 その勝敗をききながら
 「誰かがボクにチェスを挑んできてるのか」と
 考えているノア。

 それは跡部様・・・・。



ふたりのちいさいころって
 小学生低学年くらいかと思ったら
 まだたったの4歳・・!
 もう10年以上のおつきあいになるのか。
 真田もずいぶんたくましくなりました。



放課後の王子様

 青学

    個人的思い出。

    永久に片付かないパターン。

    息ぴったりw

 不動峰

   素晴らしい日課。

   神尾くん、それは片付かないやつ。

   きれい好きすぎた。

 ルドルフ

   ダーネの作戦w

   これは火を吹く。

   みんな観月さんあて・・。











2016.12.02 Friday 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< Chef〜三ツ星の給食〜 第8話 | main | 砂の塔〜知りすぎた隣人 第8話 >>