<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

キャリア〜掟破りの警察署長〜 第10話(最終話)

第10話(最終話)



 25年前、金志郎(玉木宏)の父・桜井周平(宇梶剛士)を
射殺した真犯人を追っていた南(高嶋政宏)が拳銃で撃たれ、
意識不明のまま病院に収容される。南を撃ったのは、
元副総監の息子・桐島真司(中村俊介)だった。
 一方、真相を確かめるべく長下部(近藤正臣)に会いに行った
金志郎は、上層部から呼び出される。そこで金志郎は、時効が
成立している事件の捜査をさせた上、捜査員が撃たれた
今回の事件の責任を問われ、謹慎処分と北町署署長の
解任を言い渡される。
 金志郎の処分を受け、北町署の署長代理となった秋嶋
(東根作寿英)は、半田副署長(柳沢慎吾)や実里(瀧本美織)ら
署員たちに、署長官舎から姿を消し、桐島の行方を追っていると
思われる金志郎の身柄を拘束するよう命じる。さらに秋嶋は、
南を撃った犯人として、拳銃密売でマークされていた
柴田という男をすでに逮捕したと皆に告げた。
 金志郎は、本庁の刑事たちに追われながらも、単身
聞き込み捜査を続けていた。そんな金志郎の前に現れた
北町署刑事課のメンバーーー松本(白洲迅)、元山(半海一晃)、
水口(平山祐介)、花岡(勝矢)は、桐島が犯人であることを
証明すべきだと申し出る。しかし金志郎は、父の事件は
個人の問題だとして、この件に関わらないよう命じ…。




25年前に隠蔽した事件の犯人を
今回も隠し通そうとする警察。
南が実際撃たれてるのに
他の犯人をでってあげるとか
無理やりすぎる。

遠山署長を解任して新しい署長をおくりこんできて
署員たちに言うことをきかせようとしますが
遠山署長と正義のために戦ってきたみんなが
いいなりになるはずない。

署長もみんなをまきこむまいと
単独行動で動きますが
南からきかされた父の最後の言葉で
気持ちも変わる。


「持つべきものは憎しみではなく

 警察の誇りだ」

その警察が権威を守るため
犯人隠匿しているこの状況に

「誇れない警察なら 

 あなたが誇れる警察にかえればいい」

と言ってくれる南。
さらに署長がいなくなったら
さびしいとまで言ってくれました!!

すっかり警察の味方になっている
住民のみなさんの力もあって
犯人の行方はすぐにわかり
25年前と同じゲームをしようと
もちかける犯人に署長らしい決着の
つけ方でした。
南も重傷なのに素晴らしい銃の腕前。

長下部さんが最後にはいい人に
戻ってくれてほっとしました。
これで後味も悪くない!!

遠山署長のいる町の人はホントに幸せだなあ。








遠山金志郎(36): 玉木宏  南洋三(51): 高嶋政宏 
相川実里(25): 瀧本美織  松本秀樹: 白洲迅 
元山照夫: 半海一晃  加納理香: 知花くらら 
水口琢郎: 平山祐介  花岡市太郎: 勝矢 
南めぐみ: 駒井蓮  青木忍: 松本岳    
南みどり: 田中美奈子  半田順二: 
柳沢慎吾  長下部晋介: 近藤正臣




2016.12.12 Monday 08:53 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ #11(#36)「穢れた翼」 | main | ジャンプ2・3合併号感想 >>









キャリア〜掟破りの警察署長〜 #10 最終回
『桜吹雪で悪事を退治』
| ぐ〜たらにっき | 2016/12/12 12:31 PM |