<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ベルサイユのばら 13巻

ベルサイユのばら 13巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



エピソード7 オスカル編

 オスカル様が選ばなかった女性として
 生きる道。もしそちらを選んでいたら・・
 とりあえずベルばらという名作は
 生まれていなかったでしょう。

 オスカル様が苦しみを感じていたとしたら
 それはやはり恋をしたとき・・か。
 フェルゼンと踊っていたのが
 あちら側のオスカルだったとか。

 でも軍神マルスの子としての人生でも
 アンドレというこの上ない伴侶が
 得られたのですもの・・・。

 ラストシーンが何度みても悲しい。



エピソード8 マリー・アントワネット編
 
 あんまり史実にくわしくないのですが
 ベルばらの中のアントワネットは
 最初の頃はともかく晩年はちゃんと
 思慮分別をもちあわせたご婦人のように
 みえます。思慮分別を持つのが
 が遅すぎたということなのか。

 ブレゲの時計にそんなエピソードが
 あったとは。











2017.01.28 Saturday 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 月刊flowers(フラワーズ) 2017年 03 月号 感想 | main | 三日月と流れ星 3巻 >>