<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

カルテット 第3話

第3話



すずめ(満島ひかり)が別荘でダラダラしていると、
有朱(吉岡里帆)がやってきたる。
「なぜ彼氏を作らないのか」とたずねる有朱に
すずめは「告白が苦手だ」と答える。すると有朱は
「大人は誘惑するものだ」と語り、その方法をレクチャーする。
4人がノクターンに到着すると、そこには見知らぬ
少年(前田旺志郎)が。その少年から
「あなたのお父さん、もうすぐ亡くなります」と突然告げられ、
動揺するすずめだったが…。




告白は子どものすること。
大人なら誘惑しなきゃ。
ねこになるかトラになるか濡れた犬になるか。

いつキスをしてもおかしくない距離をつくること。
女からキスしたら男に恋はうまれない。
ペットボトル1本分の距離。

ランジェリーにボーダー柄に
ウルトラソウルのパンツ!

目が笑ってない有朱の呼び名が澱君で
数々の伝説。

などと最初からたいへん濃い内容でしたが
そのほかはとにかくすずめちゃん。
満島ひかりさんの演技にひきこまれました。

父親に超能力少女にさせられ
父はその後、詐欺で逮捕。
そのときの映像は今もネットに残り
過去を語らずに普通の生活をおくっていたのに
身ばれしていづらくなって退社。
それをまたブログに書く人もどうなの。

それ以外にもヒドい父親だったのに
死ぬ間際に娘に会いたいと
娘に対して悪いことをしたという気持ちは
かけらもないんでしょう、あの父は。
そのロクデナシも晩年はいい人だったのか
わからないけど、すっかりなついている
親戚の子がわざわざすずめちゃんを
探しに来て父に会いにこいとせまる。

貸金庫(ロッカー?)にあるのは母の遺骨。
500円で買ったお花は父への見舞いじゃなく
母へのおくりもの。
きっと母が死んだ時もたいへんだったんだろうな。

誰もまわりにいないときに
家族になってくれたのがチェロ。
自分より長生きするその楽器に
一生いっしょにいてもらおうと思ったすずめ。

それが今はカルテットという居心地のいい場所が
あって、過去を知られたらあそこにいられなくなるかも
しれないと思って怖かった・・。
でも真紀は父親でも会いにいかなくてもいい、
いっしょに軽井沢に帰ろうといってくれて
涙を流しながら食べるカツ丼。

「泣きながらご飯食べたことがある人は
 
 生きていけます。」

これは納得。
特に波乱万丈でもない人生をおくってきた私も
過去にこういう経験一度だけある。
(すずめちゃんほどじゃないけど。)
そして生きてる。

同じシャンプーをつかって
同じお皿をつかって
洗濯物だっていっしょくた。
こういうのはもう十分家族でしょ。

ペットボトル1本分の距離でも
猫みたいにベッドにもぐりこんでも
別府さんはとんちんかんだけど
こっちからキスしちゃった。
恋がはじまらなくてもこれはこれでよし。

すまきにされてた家森さんの事情は
次こそかな。

おもしろすぎて1時間あっというまです。
濃密。



松たか子 満島ひかり 高橋一生 松田龍平
吉岡里帆 富澤たけし(サンドウィッチマン)
八木亜希子 Mummy-D もたいまさこ





2017.02.01 Wednesday 08:43 | comments(2) | trackbacks(1) | 
<< 嘘の戦争 第4話 | main | 東京タラレバ娘 第3話 >>
NK (2017/02/07 3:57 PM)
暖炉で燃やしちゃったシーンでは、「あっ!危ない!」と思わず叫びました。
あのパンツに書いてある言葉が何ともいいですねぇ(笑)。

どうやら、また一つ、この物語の謎が明かされましたね。今はネットで何でも調べられる時代ですからね(笑)。
本で読んだ事ですが、自分に悪い影響を及ぼす親はいかなる理由あっても連絡しないほうがベストだとか。
でも、物語を見る限りでは、最期は後悔していたようですが・・・。

そういえば昔、テレビなどで超能力が流行りましたよね。私は信じてしまいました。誰かから「あんなのウソだよ」といわれても信じていました。
あとから聞いた話ですが、超能力者といわれる人は、凄腕のマジシャンだったとか。
恥ずかしながら、まんまと騙されちゃいました(苦笑)。
honey (2017/02/07 7:38 PM)
NKさん、こんばんは。

よくあんなパンツみつけて買おうと思いますよねw
(自分で買ったのかどうかは謎ですが)

ある程度有名で、名前をかえていなかったら
永遠にヒットしそうです。

超能力ブームのときにテレビの前で
スプーン曲げしたことあるんですが
一度だけ曲がったことがあります。
その瞬間だけくにゃっと柔らかくなって
ほんとに不思議な体験でした。









カルテット #03
『あなたの過去バラしますよ…?』
| ぐ〜たらにっき | 2017/02/01 12:43 PM |