<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

就活家族〜きっと、うまくいく〜 第7話

第7話



洋輔(三浦友和)の退職の理由が、
優子(木村多江)へのセクハラだったことが分かり、
富川家は完全に冷え切った状態に…。
水希(黒木瞳)は「セクハラをしたことよりも、
そんな大事なことを家族に隠してきた貴方に
我慢ならない」と、洋輔を避けるように生活を始める。
一方、光(工藤阿須加)は内々定を取得。
しかし、名古屋の本社勤務の可能性が浮上。
そして、真壁(渡辺大)との結婚を本格的に
考えだした栞(前田敦子)は…。




川村のせいで会社をやめたばかりか
離婚の危機にまで発展。
嘘をついていた夫が信じられず
夫からどんどん気持ちが離れていく妻。
息子はもしかしたら名古屋へ娘は広島へ
自分には正社員になった花屋の社宅(っぽいもの)が
あるからいっそみんなバラバラに・・と
くるところまできてしまった。

あの塾長にヤバいと言わせる川村が
ほんとうにヤバい。

栞が結婚したいのは就職して自立するのが
難しいから真壁に寄生したいだからだろうけど
結婚したら旅行したり子ども作ったり?
そこに親の介護なんかはいってこない。
だいたい結婚するほどお互いのこと
よく知ってもいなさそうなのに、とにかく甘い。
おまけに広島へいくという話まででてきたし。

どうしようもない状況で、日鉄鋼の社長から
よびだされた洋輔。
川村が事実を話してくれたそうで
インドの新会社への社長を打診されました。
ずっと頑張って来たのは無駄じゃなかった。
ここは素直に喜びたいところですが
(場所がインドと遠くても)川村がまだ
くっついてきそうなのが不安〜〜〜。

光が内内定もらった会社は
今度こそ怪しくないの?






三浦友和、黒木瞳、前田敦子、工藤阿須加、
新井浩文、山本未來、中川知香、渡辺大、木村多江




2017.02.24 Friday 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 小林さんちのメイドラゴン 第7話「夏の定番!(ぶっちゃけテコ入れ回ですね)」 | main | 政宗くんのリベンジ 第8話「君じゃないんだ」 >>