<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

カルテット 第10話(最終話)

第10話(最終話)



警察にいった真紀さんは執行猶予が
ついたものの、マスコミがくいついて
疑惑の美人ヴァイオリニストとして
あっというまに有名人。
いっしょにいたカルテットのみんなも
同じく餌食にされ、まともな仕事もなく
でもずっとあの別荘で真紀さんを
待っている日々。

寝てばかりいたすずめちゃんが
あまり寝ないようになり、家森さんは
週7日仕事する状況はあきらかに変で
カルテット解散を言いだす別府さん。

ヴァイオリンを真紀さんに返してから、と
すずめちゃんが言って、みんなで真紀さんを
迎えにいくことに。

真紀さんをつかまえるような囲い込むハグが
あったかくて嬉しくて・・。

夢をかなえるため、今の状況を利用して
大きなホールでのコンサート。
ほとんどはやじ馬でも届く人には届く。
手紙の主らしき人も客席にいました。

アリスちゃんがびっくりの再登場で
「人生チョロかった!!」と
ものすごくアリスらしい。

食事しながらいつもの会話。
メニューはからあげ。
パセリ、サンキュー。

才能がなく無理やり椅子に座っていようと
夢をおうのはやめられないしやめなくてもいい。
からあげについているパセリみたいに。

別荘は出ることになったようだけど
リスはみられたし、カルテットとしての活動は
ちゃんと続いていて、何より4人が楽しそうで
最後までやさしい空間でした。

最終回までずっと素晴らしかった。
この四人の生活をずっとのぞいていたい気分です。






松たか子 満島ひかり 高橋一生 松田龍平
吉岡里帆 富澤たけし(サンドウィッチマン)
八木亜希子 Mummy-D もたいまさこ






2017.03.22 Wednesday 08:42 | comments(2) | trackbacks(3) | 
<< 3月のライオン 第22話 | main | 東京タラレバ娘 第10話(最終話) >>
NK (2017/03/22 10:39 AM)
こんにちは、
いや〜、最後まで予測不可能でしたね!
(前にもいったと思いますが)最後までいい意味で騙されましたね!

まぁ、同じ趣味や特技を持つ者同士が出会う事自体、奇遇な事ですが、物語にしてはちょっとできすぎているような・・・。

またもやレモンでと、思いきや、今度はパセリの事ですか?
ところで、添え物のパセリはどうされますか?まぁ、私は食べちゃうほうですが・・・。

別荘はどうなっちゃうのか。勿論、私もリスに気付きましたよ(笑)。

そんな事よりもカルテット、解散するんじゃなかったの?!

いやはや、車は途中で止まっちゃうわ、おまけにちょっとした迷子になるわで、ハラハラドキドキさせられた割には、何ともゆる〜いオチでしたね(笑)。(まぁ、目的地にはちゃんと着いたと思いますが)
honey (2017/03/22 8:37 PM)
NKさん、こんばんは。

最初から最後までずっとおもしろかったですね。
終わってしまったのが残念。

みんなやっと居心地のいい場所をみつけて
幸せそうでよかったです。

パセリ、私は食べませんが家族がそのぶんも
食べてますね。

結局、別荘は売れずに、世界の別府ファミリーの
一員にまた貸してくれないかな〜。他の3人も
家賃くらいの収入は得られるだろうし。









カルテット
最終回とまとめ
| Akira's VOICE | 2017/03/22 11:02 AM |
カルテット #10 最終回
『最終回に最後のまさか…さよならドーナツホール』
| ぐ〜たらにっき | 2017/03/22 12:33 PM |
カルテット 最終話
罪を償うために、真紀(松たか子)は警察に行きました。 司(松田龍平)、すずめ(満島ひかり)、諭高(高橋一生)は、ずっと真紀を待っていました。 真紀は、マスコミから面白可笑しく報道される疑惑の女性として有名になっていました。 その魔の手は、司、す
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/03/22 4:47 PM |