<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
jumpSQ
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ダイヤのA act2(7)

[ マンガ ]
ダイヤのA act2(7)

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



6巻からの紅白試合の続き。

他校との試合もおもしろいけど
強豪校ならではの人数の多い野球部内での
こういう話もまた面白い。
たくさんいる中からレギュラーになれるものは
限られていて、みんながその座を目指す。
監督に自分の力をアピールして上にあがるチャンス。

沢村くんと同室の後輩、浅田くんが、奥村くんの
リードもあって良い投球をみせてくれました。
細くてみたかんじ頼りない気がするけど
倉持くんの言うように青道野球部にくるだけのことは
あります。

打つ方では瀬戸くんが足の速さをみせつけ
奥村くんがホームへ返す。

最上くんは・・まだまだ?w

一軍に合流したもの、できなかったもの
思いもそれぞれ。

奥村くんはまだ二軍。
御幸先輩への距離はまだ遠い。
でも話ききにきてもまだそんな部屋の
端っこにいるようでは・・もっといろんなものを
とっぱらってがむしゃらにいかなきゃ。

1・2・3年がそれぞれ同室という
このシステムもなかなかいいですね。
先輩が努力している姿も自然に
目に入るし、先輩からは経験者からの
アドバイスもしてもらえる。

御幸くんに言われて1年とバッテリーを組む
沢村くんと降谷くん。御幸くんも楽しそうだし
監督も興味深そう。
奥村くん、本当に一軍いくまで受けないのか。

一軍のレベルの高さをみせつけられる
シートバッティング。
真のエースになるにはまだ
乗り越えなきゃいけないものがあるけど
自分なりに頑張る降谷くん。

いつもかわらず元気な沢村くんは
ただいま絶好調で、GWの招待試合の
先発に指名される。

全国各地で夏にむけてそれぞれ
試合が行われ、青道も同じく。

3年生には最後の夏か。
そのまえにまずは招待試合
沢村くんの活躍が楽しみ。


監督の現国の授業うけてみたいw
しかも「こころ」







2017.04.18 Tuesday 15:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 月がきれい ♯02「一握の砂」 | main | CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 #02 >>