<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

警視庁いきもの係 第3話

第3話



 山脇という男性が海に投身自殺し、残された
ペットのヘビを、須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)が
保護することになった。須藤と圭子、ヘビ好きの弥生
(石川恋)の3人で、山脇宅を訪ねると、室内の奥の
飼育部屋に大きなヘビが2匹いた。珍しいヘビに
テンションがあがる圭子と弥生とは逆に、須藤は
腰が引ける。圭子は、飼育部屋の環境やヘビの状態から、
山脇が愛情を持ってヘビを育てていたと分析。ここまで
ヘビに愛情を注いでいた人が自殺するのはおかしい、
と須藤に話した。
 須藤は、それを石松(三浦翔平)に報告。すると、石松も、
自分にも引っかかっていたところがあると明かした。
山脇が自殺したと思われるのは6月15日で、遺体の発見は
19日。しかし、17日に隣人が山脇を見たと証言している、
というのだ。
 翌日、再び山脇宅に入った須藤と圭子は、浴室のカーテン
に血痕が付いているのを見つける。須藤は、何者かが
山脇を浴室で殺害し、自殺に見せかけるため海岸に
運んだのかもしれない、と推測。そんな時、圭子が見つけた
便せんを見た須藤は、最初のページを鉛筆でこすると、
あるメッセージが浮かび上がった。
 同じ頃、石松、日塔(長谷川朝晴)、桜井(清原翔)は、
10年前に起こった強盗傷害事件を追っていた。時効が
3日後に迫った今、食い逃げ事件の現場から採取された
指紋が、10年前の事件の容疑者と一致したのだ。
そこへ、石松に須藤から連絡が入り…。





殺人はしていなかったけど、10年前の事件の
犯人だったことがわかり、時効直前に逮捕。
それもこれも蛇愛のため。

薄巡査も三笠さんも蛇をみてかわいいとか
かっこいいとか感動して素手でさわってましたが
もともと蛇好きなのか、演技のためにほんとは
苦手だけど触ってたのか、後者だとしたら
さすが女優さん・・・。

薄巡査はショップのゼロナンバーを持つくらいの
蛇好きで、鉛筆で浮かび上がらせたあの文字の
意味も薄さんなしでは解読不能でしょう。

お店にいって容疑者とすぐ出会って
うまくひっかけておびき出し
今回もいきもの係が事件解決。

日塔警部が逮捕だけしても
ちゃんと鬼頭さんがいきもの係の活躍を
知ってるからいいか。

次はヤギ!




渡部篤郎  橋本環奈  三浦翔平  長谷川朝晴 
石川恋  清原翔  横山だいすけ 
ティティ(猫/スコティッシュフォールド) 
でんでん  寺島進  浅野温子
2017.07.24 Monday 08:35 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< ボールルームへようこそ  第3話「ワルツを踊れ」 | main | ジャンプ34号感想 >>









警視庁いきもの係 第3話
山脇(日下部千太郎)という男性が海に投身自殺し、残されたペットの蛇を、須藤(渡部篤郎)と圭子(橋本環奈)が保護することになります。 須藤と圭子、蛇好きの弥生(石川恋)の3人で、山脇宅を訪ねると、室内の奥の飼育部屋に小さな蛇と大きな蛇の2匹がいました。
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/07/24 9:32 AM |