<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

過保護のカホコ 第8話

第8話



カホコ(高畑充希)は家族の考え方を巡り
初(竹内涼真)と喧嘩別れしてしまったことに
激しく落ち込むものの、泉(黒木瞳)と
正高(時任三郎)の前では超ハイテンションで
振る舞い、病気の初代(三田佳子)にも
孫が見せられるようにと婚活を宣言する。





ばあばの気持ちそっちのけで
またしてももめている姉妹と親戚一同。
一日でも長くばあばに生きてほしいという
願いは同じだと思うのに。
あのばあばの娘たちがなんでこんなふうなのか・・。

いろいろあって初のお母さんが
初をおいて出て行った理由がわかって
お母さんにいっしょに会いにいき
幸せそうな母と再会した初。
自分はただ捨てられたんじゃなく
母に愛されていたことがわかって
これからはきっとしっかり前に進んでいける。
それもカホコがいたからこそ。
母が最後に作ってくれたのはおにぎりで
カホコの作ったおにぎりを食べながら
涙を流し、カホコにしがみついて
泣いている初の姿が泣けるやらかわいらしいやら。

そして予告でみた結婚させてくださいのシーンへ。
好きな人に自分の名前をよんでもらえる幸せ。
今までいっぱいたくさんの人に名前をよんでもらった
カホコは幸せで、これからはそんなふうに
まわりの人をいっぱい幸せにしたい、
そんな家庭を初とならつくっていけると
ママとパパに話すカホコ。
カホコといて初はもう幸せだけど
いっしょにいたらたぶん一生幸せだろうなと
ずっとカホコをみてたら思う。

見た目はもちろん性格もひとあたりもいいし
初に反対するのはやっぱり収入面?
カホコは、初は人を幸せにするすっばらしい絵を
描くと思ってても、ママからみたらまだ売れるか
どうかもわからない画家の卵に大事な娘は
やれないか?

ばあばが倒れて手術もできないとなると
娘たちケンカしてる場合じゃない。
パパの実家はたちなおりつつあるのに
じいじも現実をみつめなきゃ。




2017.08.31 Thursday 08:37 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 僕たちがやりました 第7話 | main | サクラクエスト 第22話「新月のルミナリエ」 >>









過保護のカホコ 第8話
カホコ(高畑充希)は、家族の考え方を巡り、初(竹内涼真)とケンカ別れしてしまい、激しく落ち込みます。 それでもカホコは、母・泉(黒木瞳)と父・正高(時任三郎)の前では陽気に振舞い、病気の初代(三田佳子)に、ひ孫が見せられるようにと「婚活」を宣言しま
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/08/31 2:11 PM |