<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ボールルームへようこそ  第9話「花と額縁」

第9話「花と額縁」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



いよいよ決勝戦。多々良は真子の「額縁」に
なる決意をもって、決勝のフロアに臨む。
決勝最初の種目はワルツのソロ演技。
真子を「花」とするために「額縁」に徹する
多々良のダンスは、いつしか会場を魅了していき……。
多々良が出した、「花」と「額縁」の答えとはーー?



真子ちゃんを輝かせるため
額縁になると決めた多々良。

決勝はソロの個別審査。
ソロの種目はマリサ先生の一存により
ワルツとなり仙石さんの目論見が
はずれてしまった。

踊る前、観客にもわかるくらいのガチガチ。
でもその緊張は早く踊りたいからで
踊り出すとスムーズ。
堅実なベーシックに天平さんも好感触。

ベーシックの中に真子ちゃんを花に
するためのバリエーションを入れる多々良。
客席アピールに観客からは拍手が。

清春たちのバリエーションをおりまぜて
アレンジした動きに雫もびっくり。
仙石さんに言わずに勝手にしたことだけど
魅せる動きがうけてる。
仙石さんが心配するように自滅することもなく
清春もみていて楽しそう。

多々良と真子ちゃんの間にとびかう
とんでもない量の情報。
技術は拙いのにボディランゲージに
特化したダンスができることに
マリサ先生も感心。

花のような真子ちゃんをみて
あれは本当に真子なのかと
眼を疑う賀寿。
いつも練習のときにも自己主張せず
兄につまらんダンサーだと
怒られていた真子ちゃん。

踊っていても真子ちゃんばかりが目立ち
賀寿と組んでいたときは額縁が派手すぎて
埋もれていたけど、多々良のリードで
生きてくる花。

リーダーが埋もれてパートナーばかりが
目に入り、花と額縁の域をこえ
額縁からあふれでてくる花。

おわったときにはみんなには真子ちゃんしか
みえていない。
拍手につつまれるふたり。
審査員もリーダーをみていなかったと
評価に困るほど。

花を輝かせることができたけど
それはリーダーとしてはどうなのかと
思うマリサ先生。



ひたすら真子ちゃんが美しく
まさに花。
花と額縁の定義からはずれていても
多々良が満足そうな笑顔。
審査の結果はともかく
賀寿の意識を変えることは
成功したような気がする。

無意識に足を動かしたり
動きを考えてしまう清春は
本当にダンスが好きで
はやく踊りたいんだろうな。





(富士田多々良)土屋神葉
(花岡雫)佐倉綾音
(兵藤清春)岡本信彦
(赤城賀寿)富田健太郎
(赤城真子)諸星すみれ
(仙石要)森川智之
(円谷環)能登麻美子 ほか








2017.09.03 Sunday 16:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 仮面ライダービルド 第1話「ベストマッチな奴ら」 | main | 愛してたって、秘密はある。第8話 >>