<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ジャンプSQ. 2017年10月号 新テニスの王子様の感想

ジャンプSQ. 2017年10月号 
新テニスの王子様の感想

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



Golden age 224 血のあがない

 亜久津のシューズが血で赤く染まる。
 
 亜久津の身体が勝つかアマデウスの
 精神力が勝つか、この試合は誰にも
 予測不能!
 
 チームの為、日本のためにテニス選手と
 して戦うことが今までしてきた事やテニスに
 対する亜久津のあがないなのかもしれないと
 いう千石くん。

 必死でむかってくる亜久津の姿に
 2年前の平等院さんを思い出すアマデウス。
 でもプロテニス選手としてあえて
 息の根を止めると思った時に
 亜久津の姿が6体に・・・。


Golden age 225 ただの1ゲームではない

 最初から「無没識」を5種の攻撃と思いこませる為
 この1ポイントを獲る為に・・?

 「ビョードーイン

  いい選手を育てたな」

 とそれでもギアをあげてくるアマデウス。

 「6体になったとて・・

  この1ポイントは譲らんぞ!」

 そこで鬼さんが

 「6体・・ならな」

 はい!10体に増えましたーー!

 「俺は アイツ等に 10球打ちを

  練習させてたんだぜ」

 現役プロから1ゲームを奪い
 1−5。

 中学生数名に10球打ちを練習させていた中
 1度に10種類の動きを繰り出す常人離れした
 奴は亜久津1人だけ。

 「これはただの1ゲームじゃないな・・

  流れを完全に変えられたぜ!」

 でもJAPANコールの中
 力尽きて倒れてしまう亜久津。
 しっかりとだきとめる平等院さん。


Golden age 226 決勝トーナメントへ

 リョーマは檀くんに
 「“またいつか戦いたい”」という
 亜久津への伝言をたのんで去っていき
 目ざめた亜久津は約束通り
 日本へ帰ることに。

 「今大会は俺達が必ず世界を獲る!!
 
  2年後の大会はキサマが連覇白!!」

 という平等院さん。
 アマデウスからも

 「お前はきっといいテニス選手になる」との
 言葉をもらいました。

 よかった、最期のテニスじゃなくて。

 グループリーグは終了し 
 決勝トーナメント出場の16チームが決定。

 日本はリョーマのいるアメリカより先に
 手塚のいるドイツか。



放課後の王子様

 青学

  大石と菊丸のコワイケンカ・・・。

  弟好きすぎの不二くんw


 山吹

  地味な人の派手なニュース。


 氷帝
 
  長太郎のおかげで世界は平和に・・。

  合わせミソかも。
 


2017.09.04 Monday 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 愛してたって、秘密はある。第8話 | main | ジャンプ40号感想 >>