<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ボールルームへようこそ  第10話「ボルテージ」

第10話「ボルテージ」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



多々良と真子の演技を目の当たりにした
賀寿は、ダンスを始めた幼い日から
今日までの出来事を思い出す。
真子にせがまれて初めてダンス教室を
訪れたこと。ジュニア大会の表彰式で、
ある人物から嬉しい言葉をかけられたこと。
やがて成長し、真子以外のパートナーと
組むように勧められたことーー。
そして今、雫とカップルを組む賀寿は、
雫とのダンスに大きな手応えを感じていた。
だが突然、集中の糸がプツンと切れて、
上手くリードできなくなってしまい……!?




小さい頃の真子ちゃんもかわいすぎる。
こんな可愛い妹から

「お兄ちゃんとじゃなきゃやだ」
「お兄ちゃんと手つなんごしたいんだもん」
「おねがい」

こんなふうに言われたら
お兄ちゃんことわれないよ!!

最初はそれでも妹につきあって
やってるというかんじだったのが
競技会で兵藤・花岡組について
2位になったときに、個人的に
身体能力がとても高くて
どんなスポーツでもこなせる中
ダンスを選んでくれてありがとうと
言われたときにダンスの道にすすむことが
きまった賀寿。

雫と組んで真子ちゃんとは
踊れなかったダイナミックな動きで
踊れる喜びにひたりながら
過去の回想がつぎつぎと・・。
真子ちゃんじゃなく別のパートナーを
すすめられる賀寿。
真子のことを考えていると
今踊っている雫のリードができなくなって
観客はごまかせても審査員や
清春、仙石さんたちの目はごまかせない。

雫にあやまって、多々良たちのせいに
するものの、自分に気合をいれなおし
雫にも仕切りなおそうと言われました

この勝負に勝ってまたお兄ちゃんと
組みたいという真子ちゃんの言葉に
仙石さんからもエールをもらい
フロアにむかう多々良たち。

一曲一曲が真子ちゃんとのラストダンス。
賀寿たちも多々良たちも気迫がすごい。
その気合いはいりすぎの中で清春は静か。

清春とのことを思い出す雫。
雫はパートナーだけどライバルだと
言ってくれて、最高の褒め言葉だと思う雫。
それを守るためならどんな練習だってする、
ひとりで成長するときめたのに
三笠宮杯でまた差をみせつけられ
それをたきつけたのは多々良・・。

雫にも火がついたか。
審査員も観客も清春も魅惑する雫の
スロー・フォックス・トロット。
賀寿のポテンシャルもひきあげて
完全なひとり勝ち。

清春の足が自然にリズムをとっていて
珍しく楽しげだという賀寿。
雫が満足そう。

最後はもう額縁役はいいから
おもいきり踊りましょうと
いってくれる真子ちゃん。

最後はクイック・ステップ。
仙石さんからバリエーションはやめとけ
と言われたけど今度はちゃんと踊れると
首をふる多々良。その表情をみて
「ぶちかませ」と言ってくれた仙石さん。

賀寿と雫のダンスのかっこよさを
認めながらも、二か月真子ちゃんと
練習してきた日々を無駄にしない。
仙石さんの特別バリエーションを
全力で!



雫も真子ちゃんもどっちも
いいパートナー。
賀寿にはやっぱり真子ちゃんでしょう。
雫のリーダーは清春だし。
花として観客を魅了した真子ちゃんに
負けず劣らずの存在感をみせつける雫。

清春、はやく踊りたくてしょうがないみたい。




(富士田多々良)土屋神葉
(花岡雫)佐倉綾音
(兵藤清春)岡本信彦
(赤城賀寿)富田健太郎
(赤城真子)諸星すみれ
(仙石要)森川智之
(円谷環)能登麻美子 ほか








2017.09.10 Sunday 10:14 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 仮面ライダービルド 第2話「無実のランナウェイ」 | main | 警視庁いきもの係 第10話(最終話) >>









ボールルームへようこそ TokyoMX(9/10)#10
Heat. 10 ボルテージ 幼い頃、真子がダンスに興味を持って教室に通いたがった。 女子と手を繋ぐのが恥ずかしい兄の賀寿は断った。 でも食い入るようにダンス教室を覗く真子。 一緒にやりたいと説得されて了承したのだった。 初めて見ると案外とハードだった。 負けん気
| ぬる〜くまったりと | 2017/09/12 10:18 PM |