<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

過保護のカホコ 第10話(最終話)

 第10話(最終話)



コメディーでもこうはいかないだろうという
ドタバタはあったけど、それもいい展開に
なるための必要なことだったので
すっばらしいハッピーエンドでした。

生活費はどうするのかとか
保育士の資格取るのだって学費がとか
カホコの考えの甘さは感じたけど
じいじといっしょに住んだら住居費もいらないし、
初もちゃんとお金は稼いでるみたいだし
そんなことは気にしちゃダメなところなのでしょう。

家族に溺愛されて愛をいっぱいもらって
素直にまっすぐ育ってきたカホコは
まわりの人にたっぷりの愛を与えられる。
初がカホコといっしょにいたいと感じて
すぐにでも結婚したいというのも当然か。

好きな人の手は離しちゃダメという
ばあばの言葉を伝えて、おばさん夫婦も
元鞘にもどり、糸ちゃんも大好きな音楽から
離れないといってくれて・・あそこでチェロの
演奏があったのはちょっと感動しました。

パパに離婚を切り出すママ。
本当に子ども以外なんにもないのね・・。
あのバタバタからの結婚式の見事な仕切りぶりを
みたら、お仕事でもなんでもできそうに思うけど
家事に関してはパーフェクトなんだから
カホコは保育の仕事して家にいないぶん
じいじのところにいっしょに同居して
あの家をすみからすみまでばあばみたいに
お世話したらいいと思うけど。
それじゃカホコがまた自立できないか。

ばあばのかわりに初が加わっただけで
家族で完結してしまったけど、カホコに
友だちが皆無なのもやっぱり気になる。
子どもたちは別として、職場も身内だし
なんだかやっぱり家族(親戚一同)の壁の中に
いるのは変わらないような気も・・?

でもカホコと初のカップルはかわいらしかったです。
充希ちゃん、はまり役でした。









2017.09.14 Thursday 08:41 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< Betsucomi(ベツコミ) 2017年 10 月号 感想 | main | サクラクエスト 第24話「悠久のオベリスク」 >>









過保護のカホコ 最終話
カホコ(高畑充希)は初(竹内涼真)の言葉に後押しされて、泉(黒木瞳)と正高(時任三郎)に結婚を認めてもらえるよう、改めて頑張ると宣言します。 初代(三田佳子)を亡くして落ち込む福士(西岡徳馬)を心配したカホコは、並木家を訪ねますが、家の中に人の気配
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/09/14 11:22 AM |
過保護のカホコ 第10話
過保護のカホコの第10話を見ました。 カホコは初代を失って辛い時こそ結婚すべきだという初の言葉に後押しされるのだった。 「結婚だってこんな時だからこそするべきだと思う誓いの言葉で言うだろ?病める時も健やかなる時もって。きっと結婚ってのはどんな時も
| MAGI☆の日記 | 2017/09/14 2:20 PM |
過保護のカホコ 最終回「私の生きる道」
最後までドタバタ、ハラハラのドキドキだったけれど、すんばらしい最終回でした。何より、ヒロイン・カホコ(高畑充希)の成長と、初(竹内涼真)の魅力が最大限に発揮されててヨカッタです。初代(三田佳子)を亡くして落ち込む、じいじ、福士(西岡?馬)はウェディン
| のほほん便り | 2017/09/14 2:28 PM |
【過保護のカホコ】第10話 最終回 感想
私は加穂子の人生に一生責任を負って行かなくちゃいけないの。でも、あなたはどうなの?あなたに何ができるの?あなたはせいぜい愛するだけでしょ? …
| ドラマ@見とり八段 | 2017/09/14 10:35 PM |