<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

クジラの子らは砂上に歌う 第二節「鯨(ファレナ)の罪人たち」

第二節「鯨(ファレナ)の罪人たち」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



辿り着いたリコスの島は、まるで廃墟であり、
多数の墓標が置かれていた。
リコスは、オウニが憧れる外の世界
――それは感情のない兵士“アパトイア”が、
あてのない戦いを続けているものだと語る。
泥クジラに戻った彼らは、砂の海に生息する
ホシボシバッタが、光を放ち群れで移動を
始める「飛蝗現象」に遭遇するが、
泥クジラの穏やかな日々は、この日を境に
一変する。小型艇に乗った兵士たちが
次々と飛来し、無差別に島の人たちを
襲撃しはじめたのだった。




人の感情を栄養分として食べる生き物
ヌース。そのせいで人々には感情がない。
感情は世界を滅ぼすもの。

でも一度吸われたら全部なくなるものでは
ないのか、リコスには明らかに感情があるし
仲間を弔う気持ちもあるし、泥クジラの
人たちを救いたいという思いもある。

ホシボシバッタの群れが移動する光景は
美しくそのあとの惨劇をより際立たせる。

長老会は人々に世界の秘密を隠したまま
平和な島を維持しようとしているけど
外からの脅威にさらされるというのは
想定してなかったの?
罪人とよばれる存在なんだから
追手がくることも十分考えられただろうに。
自警団はいるらしいけど、空から
こられたらどうしようもない。
島の人たち狙いうちで、チャクロを
かばったサミがあっけなく・・・・。

たたでさえ少ない人たちが
いったいどのくらい生き延びられるのか・・。



チャクロ:花江夏樹 リコス:石見舞菜香 
オウニ:梅原裕一郎 スオウ:島崎信長 
ギンシュ:小松未可子 リョダリ:山下大輝 
シュアン(団長):神谷浩史 ほか









2017.10.20 Friday 11:27 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 奥様は、取り扱い注意 第3話 | main | 十二大戦 第3話「牛刀をもって鶏を裂く」 >>









クジラの子らは砂上に歌う TokyoMX(10/15)#02
第二節 鯨(ファレナ)の罪人たち オムニがリコスを連れて流島に上陸する。 そこは誰もいない廃墟だった。 仲間はリコスが葬った。 廃墟の国へリコスが案内する、そこにはヌースのリコスが居た。 リコスとは感情を食べる生物の名前らしい。 感情を食べさせると、感情を
| ぬる〜くまったりと | 2017/10/20 11:10 PM |
クジラの子らは砂上に歌う #2
リコスのいた廃墟の恐ろしさが描かれたお話でした。 オウニに連れられて、チャクロたちはリコスのいた廃墟のような船へとやって来ました。そこでチャクロたちは、大量の墓標を目撃しました。それはリコスの仲間たちのお墓でした。その大量のお墓は、リコスが作ったも
| 日々の記録 | 2017/10/28 12:04 AM |