<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

監獄のお姫さま 第6話

第6話



勇介を吾郎に連れて行かれてから、
カヨ(小泉今日子)たち6号室の面々は
勇介ロスに陥る。若井(満島ひかり)で
さえも、勇介ロス。そして、勇介を失ってから
すっかり元気を無くしたしのぶ(夏帆)を
元気付けようとカヨたちは奮闘するが、空回り。
そんな時、千夏(菅野美穂)は、勇介が
吾郎の新しい恋人の晴海(乙葉)のもとで
育てられていることを知る。怒りを覚える
女囚たち。そんなとき、刑務所内で
慰問コンサートが開かれる。




社長をしめあげるのと刑務所の回想が
交互にくるので、すっかり忘れてたけど
警察もちゃんと捜査してました。
秘書なのに連絡がつかないと怪しまれるので
犯人グループにいためつけられたことにして
怪我人姿で戻る若井。
車で放りだされたといっても
いまどきあちこちにカメラあるし
通用するのかな。
元刑務官という経歴はもちろん
美容院の店長も前科もちで
接点がすぐばれてるし、残りの人たちも
時間の問題な気が。

でもきけばきくほど社長は許せないので
絶対罪を認めさせて姫の冤罪をはらし
勇介君をとりもどしてほしい。

帰る場所のなくなったおばさんたち。
馬場かよじゃなくなった馬場かよは
いきなり告白されてましたが
これにはびっくり。



馬場ばば カヨ… 小泉今日子
若井わかい ふたば… 満島ひかり
板橋 吾郎いたばしごろう… 伊勢谷友介
江戸川えどがわ しのぶ… 夏帆
長谷川 信彦はせがわのぶひこ… 塚本高史
小島 悠里こじまゆうり… 猫背 椿
板橋 晴海いたばしはるみ… 乙葉
馬場 公太郎ばばこうたろう… 神尾楓珠
護摩ごま はじめ… 池田成志
大門 洋子だいもんようこ… 坂井真紀
足立 明美あだちあけみ… 森下愛子
勝田 千夏かつたちなつ… 菅野美穂
2017.11.22 Wednesday 10:10 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 刑事ゆがみ 第6話 | main | 十二大戦 第8話「竜頭蛇尾(後攻)」 >>









監獄のお姫さま 第6話
2014年、女子刑務所では、しのぶ(夏帆)が勇介との別れの日を迎えていました。 しのぶは母・民世(筒井真理子)に勇介を託したはずでしたが、車には吾郎(伊勢谷友介)が同乗していました。 上手く、しのぶの母親を丸め込んで、子供を奪い取った模様です。 一
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/11/22 12:13 PM |