<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

新テニスの王子様 22巻

新テニスの王子様 22巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ




Golden age 215 世界No.2への挑戦

 相手は世界No.2のスイス。
 でも「勝つのは俺達日本『チーム梅』だ!!」
 とごつい顔率の高い日本チーム梅。

 ダブルス同時スタートで大曲・木手ペア
 渡邊・石田ペア。

 大曲さんが派手な二刀流をみせ
 空いたスペースを狙われても
 木手の縮地法で穴知らず。
 でもあっというまに弱点を見抜かれました。
 
 アンリ・ノーベル3世(中3)と
 ピーター・ランビエール(高3)ペア。

 スイスの監督の名前にふいたw
 ジン・オノジイハ(82)ハイジのおんじwww

 一筋縄ではいかないと木手にラケットをなげてよこす
 大曲さん。木手も二刀流か。



Golden age 216 世界に力を見せつけろ

 表紙ではドイツの圧勝。手塚の後ろ姿。

 銀さんとデュークのパワー勝負。
 波動球は裏と合わせて216式まで。

 むこうもパワータイプでむきむきの筋肉で
 ユニフォームをやぶき上半身裸に。

 アルバート・フェデラー(高3)
 ランディ・プグ(高3)

 それをみたデュークも同じく
 ユニフォームを筋肉でバリバリっ!

 だけど堀尾くんがみにきたときには
 ダブルスが二つとも負けてました。


Golden age 217 その覚悟・・・その条件

 ギリシャとオーストラリアに二連勝したものの
 世界No.2のスイス相手にはや二敗。
 スイスのシングルス3はアマデウスが出てきて
 3タテする気。
 
 平等院さんの胸元をつかんで
 「シングルス3は俺だ!!」という亜久津。

 「よし行け・・

  ただし負けたら日本へ帰れ!!」

 と言われ「上等だ」とコートに向かう亜久津。



 ダブルスメンバーも強いひとたちなのに
 あっさり完敗とは・・。
 パワー対決の方はムキムキぶりじゃ
 互角にみえたのに〜。

 亜久津は化けるかな。


Golden age 218 昔の自分

 亜久津のトリッキーな動きに観客もびっくり。
 平等院さんにシングルス3は俺だと直訴し
 負けたら日本に帰れという条件を出した
 平等院さんが、デュークから
 「奴に昔の自分を見ましたな・・お頭」といわれていて
 図星だったらしい。

 10年に1人の逸材と言われた怪童 亜久津仁。
 相手がプロでも臆する事無くむしろ燃えると 
 千石さん。

 平等院さんの「光る打球(アストラクション)」を
 打ち、アマデウス相手に互角。

 「お前もそれが打てるのか?」という言葉とともに
 その場にはねとばされる亜久津。

 「俺のテニスは『闇(ダークサイド)』

  その『光る打球』でなんとか出来たか
 
  ・・平等院?」


Golden age 219 何度でも

 コートにあおむけに倒れたまま動けない亜久津の
 足を掴んで反対側のコートまでひきずっていき
 コートチェンジさせるアマデウス。
 あっというまにゲーム5−0。

 2年程前、アマデウスがプロになる前に
 対戦したことがあるという平等院さん

 亜久津に棄権をすすめる審判に
 「選手が戦おうとしているのに
 余計な手出しをするな」というアマデウス。

 「アイツは何度でも立ち上がる!!」

 その言葉通りに立ちあがってプレイする亜久津。
 その姿に涙を流しながら「もういいです!」と叫ぶ
 檀くんの横にはリョーマが。

 「亜久津が諦めた事あったっけ」

 「アンタが目指すのは俺じゃない・・・

  アイツでしょ」

 
Golden age 220 意識

 リョーマの言葉をきいて涙をふき
 亜久津に声援をおくる檀くん。

 アマデウスは平等院さんと決着をつけたくて
 日本戦にでてきたようですが、スイスのために
 私情は捨て、「決勝リーグで会おう平等院!」と
 宣戦布告。
 目の前にいる亜久津は怒り、ついに影を捉える!

 その返球が客席をふきとばしそうな勢いで
 またまた壁に大きな亀裂が・・。

 そして亜久津の様子をみて顔色がかわる
 平等院さん。

 「第8の意識・・・『無没識(むもつしき)』


 スイス戦もやっぱりバトル。
 コートが破壊されるのも時間の問題。

 亜久津が10年に1度の逸材と言われてましたが
 この中学生達みんなそうですから。


Golden age 221 盤石なる王者の元で

 ドイツVS南アフリカの試合に出ている手塚。
 相手は主将のシヤボンガ・ンゴエペ(高3)。
 防戦一方にみえるようですが、実は
 手塚ゾーン発動中で、相手の攻撃
 「サンシャイン・ダイヤモンド」を手塚ファントムで
 やぶる。
 王者ドイツで盤石のようだなと語る
 橘さんと千歳。
 そこでさらに百錬自得の極みまで出す
 容赦のなさ。


Golden age 222 第8の意識

 第8の意識「無没識」になった亜久津。
 7つの識については鬼先輩の解説。

 打つギリギリまで5種もの攻撃態勢を
 みせる無没識をみてリョーマも感心。
 アマデウスが一歩も動けないくらいの技に
 勝利宣言をする亜久津。



Golden age 223 遠い1ゲーム

 しかしプロ意識の強いアマデウスが
 簡単に負けるわけにはいかない。
 シリアスなシーンなのにオンジをみたら
 笑えるw

 無意識の中から一瞬残像の5人の
 うちの1人に意識が戻る瞬間があり
 それを見極めたアマデウス3体までは
 見極め。 
 ますます煽ってくる亜久津に
 くらいつくアマデウス。

 1ポイントを懸けた攻防が1時間も・・。
 そこでリョーマが気づいたものとは・・?


 亜久津が最期のテニスとか言われてたし
 そろそろ体に限界が??


Golden age 224 血のあがない

 亜久津のシューズが血で赤く染まる。
 
 亜久津の身体が勝つかアマデウスの
 精神力が勝つか、この試合は誰にも
 予測不能!
 
 チームの為、日本のためにテニス選手と
 して戦うことが今までしてきた事やテニスに
 対する亜久津のあがないなのかもしれないと
 いう千石くん。

 必死でむかってくる亜久津の姿に
 2年前の平等院さんを思い出すアマデウス。
 でもプロテニス選手としてあえて
 息の根を止めると思った時に
 亜久津の姿が6体に・・・。


Golden age 225 ただの1ゲームではない

 最初から「無没識」を5種の攻撃と思いこませる為
 この1ポイントを獲る為に・・?

 「ビョードーイン

  いい選手を育てたな」

 とそれでもギアをあげてくるアマデウス。

 「6体になったとて・・

  この1ポイントは譲らんぞ!」

 そこで鬼さんが

 「6体・・ならな」

 はい!10体に増えましたーー!

 「俺は アイツ等に 10球打ちを

  練習させてたんだぜ」

 現役プロから1ゲームを奪い
 1−5。

 中学生数名に10球打ちを練習させていた中
 1度に10種類の動きを繰り出す常人離れした
 奴は亜久津1人だけ。

 「これはただの1ゲームじゃないな・・

  流れを完全に変えられたぜ!」

 でもJAPANコールの中
 力尽きて倒れてしまう亜久津。
 しっかりとだきとめる平等院さん。


Golden age 226 決勝トーナメントへ

 リョーマは檀くんに
 「“またいつか戦いたい”」という
 亜久津への伝言をたのんで去っていき
 目ざめた亜久津は約束通り
 日本へ帰ることに。

 「今大会は俺達が必ず世界を獲る!!
 
  2年後の大会はキサマが連覇しろ!!」

 という平等院さん。
 アマデウスからも

 「お前はきっといいテニス選手になる」との
 言葉をもらいました。

 よかった、最期のテニスじゃなくて。

 グループリーグは終了し 
 決勝トーナメント出場の16チームが決定。

 日本はリョーマのいるアメリカより先に
 手塚のいるドイツか。


カバーの作者様のところには
黄金の許斐様像が。
テニラビ、やってまーす(^O^)
2017.12.04 Monday 16:01 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< クジラの子らは砂上に歌う 第九節「君の選択の、その先が見たい」 | main | 民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜第7話 >>
K (2018/02/07 3:22 PM)
テニスの王子様の感想はもう書かないのですか?
honey (2018/02/11 7:37 PM)
>Kさん

 ちょっと今月SQを買い逃してしまい
 もうコミックスまで待つようにしよかと
 思っています。