<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜第8話

第8話



佐藤智子(篠原涼子)が犬崎和久(古田新太)に
対しておこなったクーデターは大成功を
収めたかに思えた。智子への市民の人気も
高まったからだ。智子は平田和美(石田ゆり子)
協力のもと、自ら秘書選定などを進めるが、
犬崎の壁は厚かった…。
それは市役所職員の仕事放棄から始まり、
犬崎派の前田康(大澄賢也)は、智子が
精神的に不安定だという風評を流して
人気失墜を企てる。 犬崎は派閥の幹部らに、
智子を落とすためにはもう一押しだと、げきを
飛ばした。そんな犬崎に、藤堂誠(高橋一生)が
智子から副市長就任の打診があったと明かす。
自分が副市長になれば、今の市政の混乱を
解決できると犬崎に突きつける。
事務所を出た誠を小出未亜(前田敦子)が
追いかけてきた。未亜は誠に「副市長になるのか」
と聞くが「そのつもりはない」と答える。さらに
「市長の味方なのか?」との未亜の質問に、
誠は「民衆の味方だ」と答えた。
市役所職員のボイコットに手詰まりを覚えた智子は
新人議員研修室へ。園田龍太郎(斎藤司)が
「職員に土下座してみては?」などと智子に
話していると、未亜が智子の『幸せになりましょう』
との政策が、漠然としていてよく分からないと
言い出す。結局、全ての政策を犬崎に
動いてもらっていたと思った智子は、地道に
解決するしかないと部屋を出た。
そんな時、智子の夫・公平(田中圭)の不倫疑惑が
報道される。その不倫相手は和美で…。





犬崎派が議員を従えているにしても
市役所の職員が職務ボイコットとは。
前の市長派の職員とかは?

汚い手を使うのには慣れていて
不倫疑惑のニュースをばらまいて
市長の評判をおとしにかかる。
公平の母は見事な「普通」にこだわる
プロトタイプの人でしたが
いろんな人のいろんな生き方が
あってもいい、それをみんなが認めて
くれる社会になったら幸せという
和美の言葉をちゃんときいてくれて
誤解もとけました。
それにしても和美の子どもは
そういう事情だったとは。

公平も市役所で自ら会見。
智ちゃんが大好きだから応援したいと
いうあの会見、市民の反応は
どうだったんだろう。

犬崎派と手打ちすることはせず
そのまま対立する道を選んだ智子。
藤堂が味方になってくれたけど
そちらにもしっかり手をまわしてる犬崎。
藤堂とあの女の子はそっとしといて
あげてほしかった。


2017.12.12 Tuesday 08:41 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< クジラの子らは砂上に歌う 第十節「新しい旅に出るわ」 | main | 監獄のお姫さま 第9話 >>









民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜 第8話
犬崎(古田新太)に対してクーデターを起こした智子(篠原涼子)は、和美(石田ゆり子)に協力してもらい、自ら秘書選定などを進めます。 しかし、犬崎の逆襲により、市役所職員たちが仕事を放棄し始めます。 さらに前田(大澄賢也)は、智子が精神的に不安定だと
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/12/12 2:31 PM |