<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜第10話(最終話)

第10話(最終話)



身に覚えのない不正献金疑惑、
ニューポート計画反対などで佐藤智子市長(篠原涼子)の
人気は急落。
ついには“民衆の敵"というレッテルまで
貼られることに…。
平田和美(石田ゆり子)は「前市長・河原田晶子
(余貴美子)を追いやったのも今回の
件も、あおば市に奇妙な風が
吹いているからだ」と智子に告げた。
和美はニューポートを作りたがっているのは
犬崎和久(古田新太)ではなく、藤堂家では
ないかとの疑いを持つ。しかし、智子は
藤堂誠(高橋一生)は味方だと信じていた。
和美が誠に呼び出される。誠は犬崎会派の
政務活動費の領収書コピーを大量に
持ってきていた。不正流用の証拠として
犬崎を告発することで、富田恭一(渡辺いっけい)
の証言を引き出したいという誠。
智子は富田に電話をし続けるのだが一向に
通じない。その頃、富田は犬崎の事務所にいた。
犬崎は智子のリコールに必要な署名の不足分を問う。
若宮寛(若旦那)が答えると、犬崎は不足分を金で
解決しろと命令した。 翌日、智子のもとに富田が…。
智子が証言を依頼すると、自分には何の得もないと
富田。富田は子供の教育のために金が必要だと
訴える。自分を責める前にこんな世の中を
責めてくれと言い放ち去った。
智子のリコール署名が規定人数に達し、住民投票の
日程が決まった。井上(菅原大吉)とニューポート
建設予定地を歩いていた智子は、あるものに
目が留まって…



藤堂のおかげで犬崎の不正を暴くことができて
智子も濡れ衣が晴れ市長としてあらたに
スタート。智子は藤堂が昔の気持ちのままで
いたらこうなっていたかもしれない政治家の姿で
でも今は二人の考えは相いれず。
大勢のために一部の人を切り捨てられるのか
切り捨てられた側だった智子にはそんなことは
絶対できない。
智子は智子のやり方であおば市を導いて
いくしかない、ということで市民議会を開いて
住民の考えをきき、住民であおば市の
進む方向を決めることに。
リコール運動はあんなに燃え上がったのに
産廃処理場ができることにも無関心なら
議会に出てくるよう言っても興味ない市民・・
でも同期の新人仲間も協力してくれて
だんだん埋まっていく席。

民衆の敵は誰でもない、民衆自身の
無関心だと言い切った智子、もちろん
前の智子もそうだったのですが
今は市民が市政に興味を持ち
積極的に政治に関心を持つ
意識高い市になったようです。
で、藤堂も智子も国会議員で
市長は前市長が復活していましたが
前よりはうんと風通しがよさそう。

最初のころの孤独をかかえた藤堂と
風俗嬢の彼女の恋愛はどうなったの?
犬崎に写真を渡してあれっきり?
縁談も断ったし、純愛貫いても
よさそうなのに、こっちの話を
もっとみてみたかったな。



2017.12.26 Tuesday 08:26 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< Merry Christmas 2017 | main | ラブライブ!サンシャイン!! 第12話「光の海」 >>









民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜 最終話
身に覚えのない不正献金疑惑や、ニューポート計画反対などで市長・智子(篠原涼子)の人気は急落し、ついには「民衆の敵」というレッテルまで貼られてしまいます。 和美(石田ゆり子)は、前市長・河原田(余貴美子)を追いやった時と同じ「奇妙な風」が吹いていると
| ぷち丸くんの日常日記 | 2017/12/26 2:51 PM |