<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

99.9-刑事専門弁護士- SEASON II 第9話(最終話)

第9話(最終話)



深山(松本潤)たちの元に、死刑囚
・久世貴弘(小林隆)の再審請求の
依頼が来た。
依頼人は、久世の息子・亮平(中島裕翔)。
久世は8年前に妻を殺害後、放火したとして
死刑判決を受けていた。 亮平は、両親は
仲が良く、父が母を殺すわけないと言い切る。
深山と舞子(木村文乃)は、かつての自分自身
の経験もあり、久世の無実を立証するために
調査乗り出す。 しかし、再審請求は
「開かずの扉」と呼ばれるだけあり、一度
最高裁で結審した判決を覆すことはほぼ
不可能に近く、苦戦を強いられる。 しかも、
再審請求を審理する裁判官を川上
(笑福亭鶴瓶)が担当することが決まる。
深山達に辛酸をなめさせられ、後がない川上は、
建前では公平に審議すると言いつつ、深山たち
に無理難題を押し付ける。
佐田(香川照之)はマスコミで世論に
アピールすることで、審議を有利に進めようと
するが、週刊誌に都合が悪いことを書かれ、
亮平たちを激怒させる0.1%の可能性さえも
潰されつつある中、深山たちは事実に
たどり着き、「開かずの扉」をこじ開けることが
できるのか!?





死刑囚の再審請求という
いつも以上に難しいケースが
とびこんできましたが、いつもどおり
真実を求めて丁寧な検証の末
真犯人にたどりつく深山たち。
あれだけ証拠をつきつけたら
反論の余地もなさそうなのに
自分たちの間違いを認めようとせず
再審になるかどうかは裁判長次第。
川上も昔は正義の人だったようですが
苦い経験を経て今のようになったそうで。
でも根っこのところはちゃんと残ってたと
思わせながらちゃっかり出世もしてたという。
本当のところはわからないけど
舞子と深山、そして佐田の言葉が
まるっきりきいてないはずがない。

それにしてもえん罪の多いこと。
もともとは深山の父、そして舞子の弟。
こんな正義の有能弁護団がいないと
そのままかと思うと。

最終回はおやじギャグやら
小ネタやらゲストやら
いつも以上にてんこもり。
深山たちの活躍、もっともっと
みたいです。





深山大翔…松本潤 佐田篤弘…香川照之
尾崎舞子…木村文乃 明石達也…片桐仁
藤野宏樹…マギー 中塚美麗…馬場園梓
落合陽平…馬場徹 佐田由紀子…映美くらら
坂東健太…池田貴史 加奈子…岸井ゆきの
川上憲一郎…笑福亭鶴瓶
斑目春彦…岸部一徳



2018.03.19 Monday 08:34 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 3月のライオン 第2シリーズ 第41話「Chapter.83ここにいること」〜「Chapter.84夏休み1」 | main | ジャンプ16号感想 >>









99.9-刑事専門弁護士- SEASON? (第9話/最終回 2時間スペシャル・2018/3/18) 感想
TBSテレビ系・日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士- SEASON?』(公式) 第9話/最終回 2時間スペシャル『深山、最後の闘い!!絶対不可能の再審請求無実を信じる息子の涙最強の敵…手負いの裁判官の秘策!!0.1%の逆転なるか』の感想。 なお、2016年4〜6月に放送され
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2018/03/19 8:50 AM |