<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

3月のライオン 第2シリーズ 第42話「Chapter.85夏休み2」〜「Chapter.86あたらしい年」

 第42話「Chapter.85夏休み2」
〜「Chapter.86新しい年」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ




夏休み中のひなたは新しいお菓子の
アイデアが次々と浮かぶ一方、
学校の勉強や高校受験に対して
前向きになれないでいた。零は
そんなひなたを、モモ、あかりとともに、
自分の通う駒橋高校での流しそうめんに
誘う。ひなたは、野口たち将科部の面々や
林田たちとふれあううちに、駒橋高校に
進学することを考え始める。


おいしいものと幸せがあふれてる。

新しいお菓子を作ったり
おじいちゃんのお手伝いをしたいけど
それは目の前の勉強から
逃げているだけなのかと思うひなちゃん。
学校生活はおちついたものの
高校でまた新しい環境になって
新しい環境に入っていく不安も
どうしてもつきまとう。

中卒でお店の手伝いっていう
道もありかもしれないけど
いろんな経験や勉強をしたことは
きっと人生の選択肢を広げてくれる。

零が将科部のソーメン流しに
さそってくれて
高校に足をふみいれてみると
そこには先生と間違える貫禄たっぷりの
野口先輩やら、先生の威厳もなく
ソーメンまでたどりつけない先生がいて
ソーメン流しは楽しくておいしいし
何よりも零が笑ってるし。

ひなちゃんがこの学校に興味を持って
受けてみようかなと思うのと
あかりさんがひなちゃんに
同じことをすすめるのが同時。

あかりさんのかきあげも美味しそうだし
あかりさんに先生が恋に落ちるのも
よくわかる〜。

そしていっきに冬へ。
高校に行きたいと思ったものの
学費のことを考えて
おじいちゃんの負担を心配してしまう
ひなちゃんに、おじいちゃんが
力強い言葉をくれました。
おじいちゃん、ほんとに素敵!!

どれもおいしそうな
3月のライオンの食べ物の中でも
高い人気を誇る
あまやかしうどんきましたー!!

あまかやかされたい・・・!!!!





河西健吾,茅野愛衣,花澤香菜,
久野美咲,大塚芳忠,竹内良太,
玄田哲章,櫻井孝宏,うえだゆうじ,利根健太朗




2018.03.27 Tuesday 10:46 | comments(2) | trackbacks(2) | 
<< りゅうおうのおしごと  「第十二局 最後の審判」 | main | 宇宙よりも遠い場所 STAGE13(最終回)「きっとまた旅に出る」 >>
Mint (2018/03/30 9:27 AM)
野口君を先生と間違えるあかりさん達
貴方本当に高校生?と言いたくなります。
本当の先生はあかりさんに一目惚れ?
本当に恋に落ちたようで
一気に冬、おこたで勉強
東京では私立がレベル高いらしいですね。
公立が滑り止めで
公立でレベル高いのは、国立でしょう
来週二本立で最終回。
寂しいです。

honey (2018/03/30 4:52 PM)
>Mintさん

 野口先輩はみためもさることながら
 中身も完成してらっしゃいますもの。
 みさきおばさま的にも先生より
 先輩の方がおすすめですしw
 最近は都会でもレベルの高い公立も
 多いようですね。









3月のライオン2期 第20話「夏休み?/あたらしい年」(通算第42話)
夏休み、将科部のイベントに三姉妹を誘った零くん。 野口パイセンたちの部活集大成は流しそうめん! 三姉妹と駒橋高校組がついに初対面。 終始先生と思われてた野口パイセン^^; あかりさんのふつくしさに林田先生大ふっとうwww 「顔が酸化鉄みたいにな
| のらりんすけっち | 2018/03/27 11:12 AM |
3月のライオン #42
ひなたが、零と同じ高校を受験しようと決意するお話でした。 将来、漠然と和菓子を作りたいという夢はあるものの、今のひなたにはまだ、それが本当に自分が進みたい道なのか確信はありません。そんな時、零がひなたを自分の学校に誘ってくれました。将科部のメンバー
| 日々の記録 | 2018/03/28 11:11 PM |