<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

コンフィデンスマンJP 第6話

[ テレビ ]
第6話



自転車で一人旅をしていたボクちゃん
(東出昌大)は、山間にある十色村で
ラーメン店を営む夫妻と知り合う。
夫妻は、この村に特産品などを販売する
「ふるさとふれあいモール」が出来ることを
喜んでいた。ところがその2年後、再び村を
訪れたボクちゃんは、ふれあいモールが
いつの間にか産業廃棄物処理場建設計画
に変わっていることを知る。このプロジェクトを
手掛けていたのは、地方再生や町おこしを
得意とするコンサルタント、斑井満(内村光良)
だった。斑井は、町おこしのプロジェクトを
持ちかけてタダ同然の金額で土地を買い付けると、
プロジェクトを頓挫させて、知り合いの
産廃処理会社に土地を転売していた。
ボクちゃんは、ダー子(長澤まさみ)とリチャード
(小日向文世)に、産廃処理場の建設工事を
止める手助けを頼んだ。ダー子は、金にならない
という理由で話に乗らなかったが、工事を
止めるだけならその土地から遺跡があった証拠が
出てくればいい、と助言する。
リチャードから縄文土器を借りたボクちゃんは、
アルバイトに扮して潜入し、現場で土器を
見つけたと報告する。すると斑井は、いきなり
その土器を叩きつけて粉々に壊してしまう。
ボクちゃんを手伝うことにしたダー子は、五十嵐
(小手伸也)に斑井の情報収集を依頼。
彼の父親・万吉が、家族を顧みずに
遺跡発掘に明け暮れていた
アマチュアの考古学研究者
だったことを知り…。



今回もおもしろかった〜〜。
遺跡発掘現場をねつ造するのも
おおがかりだし、また赤字かと思ったら
本物の考古学マニアの人たちだったとは。
ダー子のふりきれた演技も素晴らしかった。
ダァ国とかみんなでアフロで土器作りとか
いちいち笑った。

途中、善良な地元の人をだましているのが
心苦しくなったのはもちろん、ターゲットの
斑井も父のせいでこういうふうになったのに
騙されてしまってますます意固地になって
しまうのでは・・と思っていたら
最後にはどっちも笑顔になっている
あたりが最高。

幸せな生き方をみつけた斑井は
生き生きと山を掘りにいき
ラーメン屋は産廃施設の従業員で
大繁盛。

ダー子まで発掘にとりつかれてしまった
というオチもすごい。
ちゃっかり2億ももうけてるしね。

ボクちゃんはいい人すぎて
詐欺師むきじゃないな。




長澤まさみ  東出昌大  小日向文世 
2018.05.15 Tuesday 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ピアノの森 6話「森のピアノ」 | main | ゴールデンカムイ 第6話「猟師の魂」 >>