<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

この世界の片隅に 第4話

[ テレビ ]
第4話



体調を崩し、寝込んでしまったすず
(松本穂香)。円太郎(田口トモロヲ)から、
子供が出来たのではないかと言われ、
喜びを隠せない周作(松坂桃李)。
すずも笑顔になる。 病院へ行った
帰り道、すずは再びリン(二階堂ふみ)
を訪ねる。次第に友情を育んでいく二人。
そんな折、離れて暮らしている径子の
息子・久夫(大山蓮斗)が北條家に
やってくる。久々の再会を喜ぶ径子。
久夫が訪ねて来たのにはある理由があって・・・




久しぶりに訪ねてきた息子の世話は
全部してやりたい母とか、大事な
缶詰を出してあげてくれるその母、
久夫が食卓にいる姿をみるだけで
涙ぐむ径子の姿をみて、こちらも
涙がにじむ・・。
本当に幸せな、やさしい家族の光景。

久夫がやってきた理由を察し
きこうとしない径子と、それを
いさめる家族。
久夫、こんな小さいのになんて
しっかりしてるのでしょう。
祖母と母と、どっちも悪い、
というのもちゃんとわかってて
でも家のために自分は祖母の方へ
行くと決断しそれを母に報告。
だけど年齢的にも実際は
まだまだお母さんが恋しいはずで
別れをつげての帰り道、ひとり
涙を流している息子の手を
つないでいっしょに歩く母がいてよかった。
どうしても息子といっしょにいたければ
嫁ぎ先でどんな嫌な目にあっても
我慢すればいいわけで、でも
それができないんだから、今なら
強引にひきとるということはできても
この時代には無理な話。
自分は取り合いされないの?と
泣く妹もかわいそうでした。

跡取りといえば男の子。
すずの妊娠騒動から
嫁いだら子どもを、それも
男の子を産まなきゃいけないという
この時代の女性の苦労話がでてきましたが
これ、下手すると21世紀の今でもあるから。
(わかりやすいところでいうと皇室とか
 その最たるものだし。)

すずの妊娠はまちがいで
それはまたそのうちと思うけど
夫の昔の恋人がリンさんだったと
気づくすず。
リンドウの絵柄のお茶碗とか
おいといたらダメでしょ。
あの時、結婚させなくてよかったとか
なんとか話していた親戚と母、
ああいう職業の女性というのも
知ってたのかな。

自分が代用品だという
そのもやもやを抱えたまま
水原さんがきてさらなる波乱?





松本穂香 松坂桃李 村上虹郎 伊藤沙莉
土村 芳 ドロンズ石本 久保田紗友
新井美羽 二階堂ふみ
<現代篇> 榮倉奈々 古舘佑太郎 尾野真千子
木野 花 塩見三省 田口トモロヲ 仙道敦子
伊藤 蘭 宮本信子




2018.08.06 Monday 14:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ36・37合併号 感想 | main | 進撃の巨人 Season3 「昔話」 >>