<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

この世界の片隅に 第8話

[ テレビ ]
第8話



家族の安否を知るために、広島へ
行きたい一心で髪を切ったすず
(松本穂香)。いつもとは違う
すずの姿に驚く径子(尾野真千子)たち。
髪を切ったすずの姿に、周作(松坂桃李)
も驚きを隠せない。 そんな中、
昭和20年8月15日、すず、径子、
サン(伊藤蘭)、そして隣組の皆も
集まる中、「正午より重大放送あり」
と告知されていた、ラジオの放送が始まる。



終戦。
最後の一人まで戦うと言われて
いろんなものを失って
大事な人をなくして
ずっとたえてきたのに
負けました、はいそうですかと
なかなかすんなりとは
受け入れられない。
死ななくていいはずの人たちが
たくさんいたはずなのに。

広島の家族の安否はわからず
医療スタッフとして広島に
行っていたハルさんは
帰ってからずっと具合が悪いまま。
当時は原爆症とはわからなかっただろうし。
それを思うと、すずもすぐに
広島に行けなくてよかったのか・・。

原爆をあびて誰だかわからなかった
兵隊さんが自分の息子だったとか
なんとつらすぎる話・・。
気力だけで帰ってきたんだろうに。
そんなつらい話の中、婿にきてくれると
いう成瀬さん、いい人、、。

妹からのはがきで、ようやく家族が
祖母宅にいると知ったすず。
あの朝、母はでかけていくところ
だったけど・・。

次回、もう最終回。
どうせ現代パートやるなら
そのよくケンカしてたという
その後の睦まじいところも
ずっとやってほしかった。




松本穂香 松坂桃李 村上虹郎 伊藤沙莉
土村 芳 ドロンズ石本 久保田紗友
新井美羽 二階堂ふみ
<現代篇> 榮倉奈々 古舘佑太郎 尾野真千子
木野 花 塩見三省 田口トモロヲ 仙道敦子
伊藤 蘭 宮本信子




2018.09.10 Monday 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< ジャンプ41号感想 | main | 進撃の巨人 Season3 #45 「オルブド区外壁」 >>