<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

この世界の片隅に 第9話(最終話)

[ テレビ ]
第9話(最終話)



昭和20年秋。径子(尾野真千子)ら
家族の計らいもあり、すず(松本穂香)
は妹・すみ(久保田紗友)のいる
草津へと向かう。そこで祖母・イト
(宮本信子)と再会するすず。
一方、任務を終えて久しぶりに
北條家に帰ってきた周作(松坂桃李)は、
すずを追いかけて草津へと向かうことに。




戦争が終わっても食糧も物資もないまま。
でも空襲がもうないというだけでも
安眠できるのは大きいかも。
周作もまだ帰ってこない中
すずの家族の消息が。
母は行方不明、その母を探しにいった
父は体を悪くして死亡、妹は今も
寝込んだまま・・ただの空襲じゃなく
原爆だったからその影響がとんでもなく
ひどいことになってる・・。
姉妹顔をよせあって話す時間が
どんなに心安らいだことか。

すずを探しにやってきた周作と
昔、出会った同じ場所でまた
みつけてもらえました。
この世界の片隅で、周作とすずが
出会えて厳しい環境の中でも
すごく幸せな夫婦でした。

広島で出会った母を亡くした子が
片手のないすずを母だと思い
よりそってきたのを、二人が
そのままひきとって育て
まわりのみんなにもかわいがってもらい
それはそれは幸せな家族に。
その子が現代パートの節子さん。

戦争という暗い時代ながらも
すずさんを中心とした
あったかい暮らしにほっこり。
あの家族もご近所さんも
みんないい人たちで
戦争中の話だというのに癒されました。

キャストもよかったなあ。



松本穂香 松坂桃李 村上虹郎 伊藤沙莉
土村 芳 ドロンズ石本 久保田紗友
新井美羽 二階堂ふみ
<現代篇> 榮倉奈々 古舘佑太郎 尾野真千子
木野 花 塩見三省 田口トモロヲ 仙道敦子
伊藤 蘭 宮本信子





2018.09.17 Monday 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー 第32話「決闘を申し込む」 | main | はたらく細胞 #11「熱中症」 >>