<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

僕らは奇跡でできている 第8話 第9話

[ テレビ ]
第8話 第9話



第8話簡単感想


山田さんが本当は母なのに
家政婦さんとしてそばにいた理由が
よくわかりました。
今でさえ変わり者扱いされている一輝が
子どもの頃はさぞ変わった子で
育てにくかったことでしょう。

あのおじいちゃんが温泉へでも
気分転換にでも行かせようと
思うくらいなんだから、よほど
追い詰められていたのでしょう。
そして11年たってから
責めることもなく戻ってくるよう
言ってくれる。
一輝のそばにまたいられるように
なるまで11年必要だったとただ事実を
受け入れるのみ。

タコを買いに行ったまま
帰ってこなかったから
タコがあんなに苦手だったのか。

普通にしようと思っても難しいし、
ぎこちない日がしばらく続いたけど
ちゃんともとに戻るところが
やっぱり家族。

育実もちゃんと元カレと話が
できてよかったです。


第9話

山田(戸田恵子)との生活も日常に戻り、
一輝(高橋一生)は水泳を始める。
大学でも、鮫島(小林薫)に代講を任され、
沼袋(児嶋一哉)と言葉を交わすなど、
周囲との関係を深めていくが、
樫野木(要潤)だけは一輝を快く
思っていない様子。離れて暮らす娘から
元妻に恋人がいると聞き、焦っていたのだ。
一方、進路相談という名目で一輝と
2人きりになった琴音(矢作穂香)は、
「つきあってほしい」と告白。一輝は断るが、
ムキになった琴音は、育実(榮倉奈々)のことが
好きなのではないかと問い詰める。
思いもよらない問いかけに、うまく
答えられない一輝。初めて育実に対する
自分の気持ちを考えるものの、答えの出ない
一輝は、育実に相談。すると育実は、急に
一輝を意識し始めて…。
そんな中、部屋にヤモリが現れパニックに
なった育実は迷った末、一輝に助けを求める
ことに。部屋にやってきた一輝と2人きりに
なった育実は…?そして一輝も、ある答えに
たどり着き、育実に伝えようと決意。
同じ頃、一輝はひょんなことから樫野木の
娘・香澄(矢崎由紗)と顔見知りに。
フィールドワークの話を興味深く聞いていた
ことから、一輝はもっと話を聞かせたいと
樫野木に声をかける。元妻の再婚話に動揺する
樫野木は、自分が離婚する原因になった
フィールドワークについて楽しそうに話す
一輝を見て、いら立ちを隠せない。
そしてついに感情が爆発し、一輝に強烈な
一言を浴びせてしまい…。



一輝は放っておいたら自分の気持ちにも
 気づかなかっただろうに、わざわざ
 好きなんですか?ときいたことで
 意識させてしまったようにみえる。
 
 一輝にとって郁実は
 謎や不思議がいっぱいで、こわいときも
 あるけれど、面白い。
 一輝にとって面白いって最上級の感情なのでは。

 琴音には興味ない、とばっさりだったけど
 こちらも女としてどうこうというより
 「学生」としてしか認識してない。
 好きだというわりには、一輝のこと
 わかってなさそう。

 恋愛話はおいといて、樫野木先生が
 つらかった。元妻が再婚しそうなのが
 気になっていて、今までずっと
 一輝に対してたまっていた感情が
 いっきに爆発。
 きつい言葉を投げつけられた一輝が
 泣いてしまうくらいのショックを受けて
 言ってる方も言われてる方もつらかった。

 一輝のような人が先生をやれているのは
 ここでは鮫島先生の力が大きいし
 そばでおじいちゃんや山田さんが
 支えてくれてるからこそっていうのも
 わかる。それで好きなことだけ自由に
 やっていて、学生たちには人気で
 自分が妻子のためにやめたフィールドワーク
 も、娘がほめたりなんかするものだから。

 言い過ぎでとまらなくなっているのも
 わかるし、鮫島先生だってそのくらい
 わかるんじゃないの?一輝への配慮の
 十分の一でいいから樫野木先生にも
 気を配ってあげてたら・・。

 もう次が最終回とは早すぎる。

 
 




高橋一生  榮倉奈々  要潤 
児嶋一哉(アンジャッシュ)
西畑大吾(なにわ男子/関西ジャニーズJr.) 
矢作穂香  北香那  広田亮平 田中泯
トリンドル玲奈  阿南健治  戸田恵子 
小林薫






2018.12.05 Wednesday 08:43 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ONE PIECE ワンピース 91巻 | main | DOUBLE DECKER! ダグ&キリル #10 はずれ刑事 純情派! >>









僕らは奇跡でできている 第9話
山田さん(戸田恵子)との生活も日常に戻り、一輝(高橋一生)は水泳を始めます。 大学でも鮫島(小林薫)に代議を任されたり、沼袋(児嶋一哉)と言葉を交わしたりするなど、少しずつ周囲との関係を深めて行きます。 しかし、そんな一輝を樫野木(要潤)だけは快
| ぷち丸くんの日常日記 | 2018/12/05 12:47 PM |
僕らは奇跡でできている #09
『楽しかった日々の終わり』
| ぐ〜たらにっき | 2018/12/05 11:14 PM |