<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

トクサツガガガ 第6話 ハハノキモチ

[ テレビ ]
第6話 ハハノキモチ

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



仲村叶(小芝風花)は任侠(竹内まなぶ)
の母が息子のオタク趣味を容認している
様子を見て、自分と母との関係を考える。
年が明け、北代(木南晴夏)と一緒に
行った映画館で叶は偶然吉田(倉科カナ)
と出くわす。吉田は男の人といっしょだった。
恋愛はオタク趣味とは相容れないと思っていた
叶はショックを受ける。その直後、叶の兄
(渡部豪太)から電話で、母・志(松下由樹)
が叶に会いに向かったことを知らされる。




このお母さんとのエピソードは
本当にきつくてつらい。

子どもの好きなものを認めず
大事にしていたてれびキッズを
焼き芋を焼く焚火で燃やしてしまう母。
お兄ちゃんも言っていたけどこれは
トラウマになる・・。

大人になった今でも、母の好みの服を
着てくる気配りをみせる仲村さんなのに
大事なものをバカにされ、友達も
侮辱され、大事な大事な人形の腕を
壊されてしまったら、もう親子の縁を
切ると言ってしまうのもわかる。
それはじゅうぶん理解できるんだけど
ビンタしかえすというのは少々
やりすぎな気もして、気持ちがもやもや。

世間一般でいう毒親なんだから
距離をおいてかかわらないのが
一番なんだけど、仲村さんの
あんな姿もみたくはなかったというか
複雑です。
仲村さんだって、やっと言ってやった!と
すっきりしたとはいかないと思うし。

子どもは自分ではない人間なんだから
ちゃんと認めてあげなきゃいけないのに
それができないお母さんに問題あり
とは充分わかってるんだけど。
なんとか理解、とまではいかなくても
歩み寄れる方法はないものか。

助けて!エマ―ジェイソン!!




小芝風花,倉科カナ,木南晴夏,
松下由樹,寺田心,竹内まなぶ,
森永悠希,本田剛文,武田玲奈,内山命,


2019.02.23 Saturday 08:33 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 約束のネバーランド 第7話 011145 | main | ジャンプGIGA 2019WINTER Vol.3 銀魂の感想 >>
cherry (2019/02/24 7:37 AM)
今まで楽しく見てきたので
この展開はインパクトがありましたね…(涙)

お母さん、家族とはいえ
勝手に合鍵使って家の中に入ったり、
大事なものを燃やしてしまったり、
人前で愛娘をビンタしたり…
それは酷いよ…と、見てて辛かったです…(涙)
理解できなくても放っておいてくれたら
良いのに、お母さんはそれができない
性分なんですね。

叶もビンタし返すのはまずかったけれど、
任侠さんの親は理解を示してくれてて、
吉田さんにも恋人がいて…っていう
ダブルショックの後だったから、
なおさら衝撃だったのではないかな…。
叶の心情を思うと苦しくて。
お母さんもショックでしょうけど。

救いは、お兄ちゃんとお兄ちゃんの奥さんが
叶の味方でいてくれていることですね。
一人っ子ではなかったんですね…良かった。

なんとか叶とお母さんが和解できれば
それが1番良いと思うのですが、
親子関係って難しいし、そうもいかないのかな。
吉田さんとも仲直りしてほしいし、
最終回がどうなるのか気になる〜!!
がんばれ叶!応援しているぞ〜!
honey (2019/02/24 8:54 AM)
cherryさん、こんにちは。

原作でもここのお話はつらくて。
世にいう毒親のような存在なんだから
距離を置くのが正解なんですけど
ひっぱたくとこまでしなくても〜とか
思っちゃって・・。

お兄ちゃん家族は味方だし、姪っ子も
仲村さんになついてくれてて、エピソードも
たくさんあるので、機会があれば原作もどうぞ。

和解に至るにはお母さんの意識がかわらないと
ダメでしょうし、ああいう人はなかなか
変わってくれませんよね。
最終回にはなんとかまとまるとは思いますが。