<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

Betsucomi(ベツコミ) 2019年 08 月号感想

Betsucomi(ベツコミ) 2019年 08 月号感想




JUGEMテーマ:漫画/アニメ



スペシャルふろく
Bitter&Sweet男子ドラマCD
  寺島拓篤


藤原くんはだいたい正しい

 かつてあれほどそっけなかった
 藤原くんが・・。
 全校生徒の前でヒツジのことを
 大切な人宣言してくれてから
 ますます愛情表現ストレート。
 人前だろうとなんだろうとおかまいなし。
 
 ヒツジが恥ずかしがったら
 すねてみせたり、キスおねだりしたり
 するのもかわいらしい。

 2回どころかキスの応酬。
 ラブラブカップルという形容以外
 みあたらない。



つづきはまた明日

 この子、ほかの男にも
 懲りずにまだ同じことやってたの。
 たまたまそばに庄司くんがいたから
 助かったようなものの。
 世間しらずもほどほどにしないと。
 お嬢様、婚約者でもいるの?

 で、好きでもない子とつきあうことに
 なってしまうし・・。



ジャニーズと僕

 キンプリの高橋海人くんの連載開始。
 ってアイドルしながらマンガ家って
 すごいたいへんそうな気が。


スパイスとカスタード

 えみるのことをこわがるゆづちゃん
 だったけど、基本いい子で
 誤解もとけたし仲良くやれそう。

 チカくんに興味あったのも
 そういうことか、、、


みらいのダンナさま

 先生のほうもけっこう意識してる?
 みらいにはちっともそんなふうに
 伝わってないから、怒られたのも
 悲しくて泣いてるけど、そこを
 なぐさめるのが芹沢くんで
 さらに芹沢くんからさらっていくのが
 歩。
 
「心の中でなら抱きしめていい・・?」
 とか、芹沢くんに言われたら
 心動く。


青楼オペラ 番外編

 親も反対してないんだし
 このまま身請けさせてあげて
 ほしいなあ・・。


恋に毒針

 遠恋カップルにわりこんでくる
 篠原くん。
 彼氏いるの知っててかまってきて
 本気になるとかやめてくれ〜。

 隆、ゴールデンウィークに
 なんとかして。


やからねこ

 勝手にアフレコするユーチューバーに
 つっこみいれまくりの猫たち・・・。



だってもうスキになっちゃったし

 拒否って逃げたから怒ってるかな
 と心配になって、次のときに
 部屋に入るなり「脱ぎます!!!」が
 極端wそのくらいスキってことだけど。

 あまおういちごになれてよかった。


わたしのすべてを捧げます

 なんでも言うことをきいてくれる
 年上サラリーマンをこき使いすぎに
 みえたけど、問題なかった。


柚木さんちの四兄弟

 柚木家の兄弟の兄弟愛が深すぎるw

 ギクシャクしている天原姉妹の
 姉のほうは本当に嫌な部分が
 なさそうにみえるけど・・。
 しいていえばお母さんの言動?

 勉強できて、生徒会もやって
 みんなに好かれてて
 モデルもやって家事までこなすって
 このお姉ちゃんスーパーすぎるけど
 頑張りすぎててどっかで息抜きしてね
 って思ってしまう。
 
 妹、そっちにむかうのは違うけど
 湊に絡むことで事態が好転しそうだし
 まあいいか・・。


クイーンズクオリティ

 玖太郎を閉じ込めて出てきた蛇に
 思わず文が身をまかせそうに
 なってしまうけど、そこはやっぱり
 玖太郎じゃなくちゃ。

 こんな時でも羽とかティアラを
 心配してしまう文がヒロインに
 なりきれないけど、蛇を殺せる
 力も持ってて最強。



セーラー服と向日葵

 やっぱり中川くんのそばを選ぶのか〜。
 
 亮太にももういちど誰かに
 恋させてあげて。


花舞うスクランブルエッグ

 騙されてたことを怒ってるわけじゃなく
 とまどってただけでした。
 ちゃんと伝えたかったことを言えたし
 それはしっかり力になったようで
 きれいにハッピーエンド。


さんぶんのいち

 そもそもなんで慎と別れてるんだっけ
 と思ってしまう。

 游がひたすら気の毒。


港区JK

 高校デビューでも努力して
 きれいになったんだし、校内は
 ともかく、全国的にはOKなのでは。

 このイケメンがなにかしてくれそうだし。


学ランの中までさわってほしい

 新入生くんはほかにいい人みつけて。



 
2019.07.13 Saturday 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 彼方のアストラ #02 「WILDERNESS」 | main | ジャンプ33号感想 >>