<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

銀魂―ぎんたま― 77巻(完結)

銀魂―ぎんたま― 77巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ





アニメを見習って(?)
終わる終わる詐欺を繰り返した
マンガ銀魂もついに終了。

本誌ではじまったカウントダウン
主要メンバーもそろって
終わりへ向かってもりあがる
本来の最終回で、テニプリっていいな
がはじまったときのあの感動?は
忘れられない。

テニプリっていいなの力技が
許斐先生以外にできるはずもなく
銀魂はジャンプからジャンプGIGAへ。
さらにそれでもおわらずアプリ掲載へ。
銀魂らしいといえば銀魂らしい。



第六百九十六訓 安酒

 ターミナルにバナナが突っ込んで
 大惨事になっていても、ニュースは
 けっこうのんびり中継してる。

 二年前、江戸を護った英雄として
 今も期待がかかるマダオ。
 このピンチからなんとか逃げたそうで
 口内炎とかごちゃごちゃ言って
 時間稼ぎをしていたらむこうが
 もう地上に降りてきた。

 実際に戦ってるのは銀さんたちや
 真選組、そして新八と神楽ちゃんも
 銀さんのもとへ走る。

 偽の英雄マダオがすみませんと
 謝るたびに起きる爆発。
 花野アナにも誤解されて
 自分も自分の力だと思いこんだら
 やっぱ違ってたw


第六百九十七訓 万の絆


 万事屋に、お登勢さんのところに
 戻ってきた新八と神楽。
 見慣れた笑顔があって
 見慣れた人たちの姿が。

 最終回の前っぽい!!!


第六百九十八訓 最終回を越えて行け

 最終回だけど最終回じゃなかった!

 テニプリっていいな〜〜〜
 
 ・・・。

 みんながかぶき町に戻って
 みんなが万事屋で・・という
 熱いシリアス展開からの
 これ以上ないくらいの
 銀魂らしい銀魂。

 アニメで何度もやってた
 終わる終わる詐欺をまさか
 本編でやっちゃうとは。


第六百九十九訓 坂田銀時と仲間たち

 SILVER BALL。
 やっぱり銀魂だ・・。
 近藤さんがこのビジュアルだと
 すごく強そうw
 前回までのあらすじもドラゴンボールに
 ばっちりはまってる。
 桂さんがヤムチャポジションに
 文句言ってるのも笑える。

 高杉ものってくれたところで
 本編はやっぱりシリアス。
 銀さん、桂さん、高杉が師匠のもとへ。
 そこへ真選組、さっちゃんや全蔵
 お妙さん、九ちゃん、かぶき町のみんな、
 そして神楽ちゃんに新八も。

 今こそ侍の国!!

 今度こそきっと最終決戦。

 落ちていった桂さんはきっと無事だと
 信じてるし、高杉も・・なんとかなると
 思いたい。


第七百訓 鋼の心臓

 表紙は許斐先生が描かれた
 イケメン銀さんwラケット持ってる。


 定春をもとに戻す方法を探して
 旅していた神楽ちゃん。
 定春はまだ死んでおらず
 生と死の間に。
 その傷が癒えたら戻れそうな気が
 しますが、地球のアルタナを
 全部吸い尽くすくらい与えたら
 復活しないかな。

 警察も真選組も万事屋も一緒に。
 信女さん!

 クライマックスなので戦いも熾烈。
 高杉の首がーーーー!と衝撃を
 うけましたが、虚の血は
 伊達ではなかった。

 相手も虚の血を持ち、斬っても斬っても
 きりがない敵。
 でも松陽先生が育てた弟子たちは
 きっとやりとげる。

 高杉が消えそうになってるところから
 銀さん、そして新八と神楽たちとの再会まで
 息もつかせぬ展開。
 おちていった定春が元に戻って
 最後はいつもの万事屋がみられると
 信じてる!!


第七百一訓 帰巣

 定春が帰ってきたかったのは
 万事屋の3人がそろった場所。
 3人と1匹で万事屋が元通りに・・
 という感動のシーンからの
 銀さん食べられて、
 お尻から別人でてきたり
 ゲロとともにはかれたり、銀さんが
 実は銀三だったという新たな設定?で
 これは絶対終わるはずないと確信。

 救うべきは松陽先生。
 でも虚の願いは虚をけしさること。


第七百二訓 宿命

 宿命と戦う人間たち。

 いっしょに松下村塾へ帰ろうという高杉。
 本当にそうできたなら、あの頃に
 戻れるならよかっただろうけど
 それはかなわない。
 虚はもう松陽には帰れず
 松陽と虚もすべて引き連れ無へ帰る、
 そんな言葉をききながら、高杉は
 ずっと機会を狙っていたのか。

 虚を刺す高杉。
 でもそのあと立ち上がったのは
 高杉じゃなく虚なのか。



第七百三訓 右目
 
 高杉が刺したのは虚じゃなく
 自分自身、倒れていたのは虚。

 銀さんの魂、しかと
 みせてもらいました。

 高杉の目にうつる場面が
 だんだん少なくなっていって
 閉じてしまったのがつらすぎ。


 アプリで読んだ時もショック
 だったけどコミックスになったら
 その次のページに
 「ありがとうきびウンコォォォ!!!」
 という台無し感・・。


第七百四訓 天然パーマにロクな奴はいない
 
 きれいにまとまった最終回。

 松陽先生に万事屋をみせることが
 できて・・後日談はたまさんに
 転送されたデータで。
 最終回偽装がいっぱい入って
 どこからどこまで本当なのかw
 銀魂、通常営業でした。

 このまましれっと七百五訓始まっても
 全然問題ないから、こち亀みたいに
 不定期でジャンプにでてきてくれないかな。


永らくの連載お疲れさまでした。
銀魂のおかげでより人生楽しくなりました。



2019.08.04 Sunday 16:37 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 騎士竜戦隊リュウソウジャー 第20話「至高の芸術家」 | main | ジャンプ36・37合併号感想 >>
ミチコ (2019/08/04 9:28 PM)
honeyさん こんばんは、遂に銀魂が完結しました!長き15年間の連載お疲れ様した!!そして 新作アニメはなんと劇場版に! まだ詳細は不明ですが決まれば見に行きたいと思います。
honey (2019/08/05 8:46 AM)
ミチコさん、こんにちは。

完結しましたね。
アニメ映画もまたやってくれるそうで
楽しみです。